なぜ、むち打ちの後遺症が残ってしまうのか? | 愛知県名古屋市天白区 焼山の接骨院
ヘッダー

なぜ、むち打ちの後遺症が残ってしまうのか?

                          

なぜ、むち打ちの後遺症が

残ってしまうのか!?

                          

193373

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むち打ちは正式には「外傷性頚部症候群」という名前がつ

いていて、交通事故などの際に衝撃に対して頚椎(首の骨

を守ろうとして首の筋肉が緊張したところを無理やり引っ

張られ部分断裂をしたり、靭帯が過度に引っ張られて部分

断裂などの損傷をした結果、首の痛み、肩こり、頭痛、神

経圧迫が増えることによる手のしびれやめまいなどの後遺

症として出てくると言われています。

 

                          

後遺症が残らないためには…

                          

上述した損傷は、ほとんどの場合に考えられ後に出てくる

症状も多くの人に共通して出てくることがあります。それ

では、それらの症状が後遺症として残らないためには、ど

うすれば良いか!

 

それは症状に対して出てくる筋肉の硬さや力の入りにくさ

関節の硬さなど、それぞれ出方は個人差があるとおもいま

すが、お一人お一人原因を見極めて、そこの根本改善をす

ることで後遺症に悩まなくて済みます。

 

                          

まとめ

                          

後遺症に悩まないようにするための方法は、いたってシン

プルのように思われたかもしれませんね。ただ、むち打ち

に限ったことではないですが、根本原因をつきとめ、その

部分が改善するようにアプローチすれば、後遺症に悩まさ

れることは無いでしょう(骨が折れて変形して治ってしま

ったことによる後遺症などは、今回は別問題とさせていた

だきます)。

 

参考サイトはこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/trafficaccident.html

焼山の接骨院


愛知県名古屋市天白区
お怪我の際はお気軽にお越しください