ヘッダー

膝 (関節痛・変形など)

                          

そろそろ変形性膝関節症の症状を

根本改善しませんか?

                          

DSC_3228

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ、「そろそろ」と書いたかというと、色々とリハビリ

や治療に通っているけれど、なかなか膝の痛みが変わらな

いという人が多いためです。医療機関で検査を受けて骨に

異常があると言う人もいますが、ほとんどの人が異常は見

当たらないけど「痛い」というパターンです。その場合、

、どのようなことが原因と考えられるかを簡単に解説して

いきますね。

 

                          

原因のパターン

                          

焼山の接骨院におみえになる人の原因のパターンで多いの

が、膝を動かす時に使う筋肉の運動パターンが変わってし

まい、本来の軌道(きどう)とズレて動いていることによ

り、負担を受けなくて良い場所に負担がかかったり、引っ

かからなくて良い場所に筋肉が引っかかったりして痛みが

出ているパターンです。そして、その軌道が変わる原因が

「膝以外」にある人が、ほとんどです。

 

                          

根本原因は「そこ!」

                          

【生活】改善して仕事がはかどるビジネススーツの女性

 

 

 

 

 

 

 

 

先ほど述べた、膝以外に原因があるということは、膝周辺

だけに一生懸命アプローチをしても、改善せずに「その場

しのぎ」になってしまうことが多いです。そのため、まず

変える必要があるのが膝以外にある「根本原因」に対する

アプローチです。そこが、変化すると同時に膝の悪影響を

正していくと、その場しのぎにならず、長い期間ラクな状

に安定します。

 

                          

まとめ

                          

あなたが、もしもこれまでに根本改善っぽい施術を受けて

いないとしたら、まだまだ改善の余地があると言えるでし

ょう。それなのに何も手を打たないのは非常にもったいな

いのと同時によくなるチャンスを自らの手で閉ざしてしま

っている可能性があります。

仮に自分の今の状態が、改善する余地があるのかも微妙だ

と思われている場合は、専門家にご相談ください。

あきらめないで根本改善を目指せば、あの頃の痛みのない

戻れるかもしれません。

 

参考サイトはこちら↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/hiza.html

                          

骨盤矯正とストレッチで

あなたの不調を改善

                          

【生活】前屈のストレッチをする女性

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたはご存知でしたか?頭痛、肩こり、腰痛、膝の痛み

や内臓に関連する不調など骨盤の位置が関係しているとい

うことを!? 前に整体で聞いたことがあるという人もあ

ると思いますし、初めて聞いて興味があるという人もいる

のではないでしょうか。骨盤と肩こりや頭痛、内臓…とな

んとなく場所も遠いし「関係あるの?」と思われたかもし

れませんね。

 

                          

骨盤と身体の関係

                          

骨盤はそもそも何かと言うと人間の身体を家に例えると、

「土台」や「基礎」の部分にあたります。そこに、前後左

右のバランスを保ちながら背骨が載っています。さらに背

骨の上には頭蓋骨が載っていたり背骨の横には肋骨が付い

ていて、さらには肩甲骨、腕へとつながります。背骨の中

には脊髄という脳から下に降りてくる神経を木に例えると

幹の部分が収納されています。

 

そして、その土台が傾いたり捻れたりすれば、その上に乗

っている上述した部分に影響が出てくることもなんとなく

想像できるのではないでしょうか。

 

                          

傾く悪影響に対して

                          

【生活】部屋でホームページを見る女性

 

 

 

 

 

 

 

 

骨盤が左右に傾くと、そこから肋骨や足の方に向かう筋肉

の付着する位置の距離が変わってしまうために、その間の

筋肉の距離も縮められたり伸ばされたりします。筋肉は、

特性として縮まっていると固まりますし、伸ばされたまま

の状態が続くと力が入りにくくなってしまいます。

 

そして、そのような状態をまず改善していくために何が必

要かというと「骨盤矯正」なのです。基礎の部分を整えて

付随する背骨や筋肉を整えてバランスを戻していけば余分

な負担がかかりにくくなり痛みが出ないというふうになり

ます。

 

                          

まとめ

                          

骨盤が傾くのは筋肉が硬くなった影響や筋肉や内臓を覆う

「筋膜」が硬くなったことも影響します(筋膜については

また別の機会に紹介させていただきます)。それを緩める

作用があるのがストレッチになります。色々な方法や伸ば

す場所の違いもありますが、まずは一般的な上の写真の様

なストレッチからはじめていただくと良いでしょう。自分

自身の身体に合わせて行うストレッチを知りたい場合は、

専門家にご相談ください。

 

参考サイトはこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/kotuban.html

                          

膝裏の痛みや音、そのままで大丈夫?

                          

IMG_0447

 

 

 

 

 

 

 

 

 

膝裏の痛みや音が鳴ったりという場合、あなたの膝の動き

は、元の動きの軌道からズレて上手く機能しなくなる前兆

だと思っていただいた方が良いでしょう。本来は、痛みも

音も出ることがないというのは、みなさんもお解りいただ

けると思います。それが、なんらかの原因で関節を上手く

支えられなくなったり、骨の出っ張りに引っかかり筋肉が

こすれるときに「パキッ!」と乾いた音がするようになる

ことがあります。

 

                          

膝裏の筋肉の役割

                          

まず、膝裏の筋肉は何のためにあるかというと、動きの中

では足を一歩前に出したときに膝がガクッと崩れないよう

に踏ん張るためについています。そして、ももの前やお尻

の筋肉が働いて一歩前に進むことができます。足が浮いて

いるときは膝が伸びた状態から曲げるために働きます。大

雑把に言うと、このような役割があります。

 

                          

痛みが出てしまうのは、なぜ?

                          

【生活】部屋でホームページを見る女性

 

 

 

 

 

 

 

 

膝裏の筋肉は大きく分けると骨盤から始まっている筋肉と

太ももの骨(大腿骨:だいたいこつ)から始まっているも

のがあります。骨盤から始まっている部分は、骨盤の傾き

によっても筋肉の張りが変わったりします。太ももの骨か

らの場合は、その骨が他の筋肉の影響で捻れてしまったり

という場合に、張りが変わってしまうことがあります。

 

その張り方が、変わってしまうと、本来の動きと違って、

えると関節が捻れた状態で曲げ伸ばしされるようになり

ます。もし、ご自分の指の関節を捻った状態で曲げ伸ば

したとしたら、痛くなりそうなことが想像できますよね。

 

                          

まとめ

                          

関節が捻れたり、筋肉の張りが変化したりは、人それぞれ

った要因で起こったりします。骨盤の問題が影響してい

場合は、骨盤を戻したり、人によっては肩の位置のバラ

スが崩れていて膝が捻れているような人もいます。その

その人に痛みの成り立ちが違いますので、しっかりと原

を突き止めて施術を行う必要があります。

 

そして、原因が変われば、痛みや音を気にする必要も無く

なります。膝なら膝だけというアプローチは、根本的な改

善にはつながりません。あなたが、その場だけの局所的な

対応しか受けられていないのでしたら専門家にご相談くだ

さい。

 

参考サイトはこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/hiza.html

                              

関節の痛みが出る共通点はコレッ!

                              

IMG_0447

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関節の痛みは医療機関で検査をすると軟骨や骨の変形などを確認す

るためにレントゲンを撮って判断されることが多くあります。そし

て、骨と骨の隙間が狭く写っていると軟骨が「すり減っていますよ、

これが痛みを出している原因ですよ」という風に説明されることが

あります。骨の変形の場合も同じように言われるでしょう。

 

ただ、ここで一つ大事になってくるのは、すり減ったり変形が写っ

ているのは「結果」に過ぎないということです。大事なのは、その

結果をもたらした「原因」にあります。

 

                              

関節が痛みやすくなる「原因」

                              

体には、365個の関節があります(分類の仕方で異なる見解もあり

ます)。その関節の動きは形状によって、それぞれ特性があり動き

方もほぼ決まった軌道に沿っています。軟骨がすり減ったり変形し

たりというのは、軌道からズレた動き方になったときに軟骨がこす

れる動きが強くなり、その結果すり減ったりします。そして、それ

に伴って痛みを発生させることがあります。ただ、それは相当ひど

い状態になっていないと起きません。

 

                              

なぜ、痛みが出るのか!?

                              

【生活】改善して仕事がはかどるビジネススーツの女性

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはじめに、痛みを感じさせる部分は関節を包む袋(関節包)で

あったり靭帯の過度な伸張による周囲の組織の伸張で引き起こされ

る痛み、筋肉を覆っている薄皮(筋膜)の痛みなどがあります。

 

これらの痛みは、人それぞれで生活習慣や趣味、仕事などの影響で

違ってきますが、もとの状態に戻すことが出来れば痛みをなくすこ

とも可能になります。

 

                              

まとめ

                              

関節の痛みを取るためには、どの部分にクセがついて動いているの

かを検査によって探し出し、その部分に対してアプローチをするこ

とが必要になります。そのため膝の関節が痛んでいたとしても原因

を探すと、足の指にあったり、肩の位置の異常が影響していたりす

ることがあります。膝なら膝、肩なら肩といった局所に対する方法

では根本改善は望めません。あなたが原因から改善したいとお望み

なら焼山の接骨院にお気軽にお問い合わせください。

 

関節の痛みを改善したいあなたはこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/shinkei.html

                              

あなたの膝痛の原因はどのタイプ!?

                              

【脚・ひざ】ヒザの痛みイメージ

 

 

 

 

 

 

 

 

膝が痛む時に場所によってタイプが分かれます。大きく分けて4つ

のタイプがあります。

◯内側が痛むタイプ

◯お皿(膝蓋骨)の周りが痛むタイプ

◯膝裏に痛みの出るタイプ

◯外側が痛むタイプ

場所によりいたみの感じ方も違います。歩くと痛い・階段で痛い・

立ったり座ったりで痛い・あぐらをかくと痛い…いろいろな痛みの

出方があり、原因も職業、趣味、生活環境、体型などでも影響が変

わります。

 

                              

膝痛の共通点

                              

膝が痛くて検査をしてもらうとすると、レントゲンを撮り膝の上下

の骨の隙間を見られます。その部分には関節の軟骨や半月板という

軟骨が存在します。その隙間が狭ければ軟骨が損傷している可能性

があります。徒手(手で行う)検査でもおおよそのことは解ります。

水が溜まっていたり、半月板や靭帯を痛めているかどうかも判断で

きます。

 

ただ、共通していることは何かというと全ては膝の動きが「どこか」

の部分で悪くなているということです。これは、痛めている部分に

よっても人それぞれ違ってきます。

 

                              

改善するためには?

                              

【生活】改善して仕事がはかどるビジネススーツの女性

 

 

 

 

 

 

 

 

痛みの出ている原因は、それぞれですが膝が悪くなる原因が膝には

無い!といっても過言では無いです。ほとんどの人が別の場所にあ

り、例えば足首の動きが悪く膝が捻じれやすい人、股関節の問題が

に影響している人など、さまざまです。

 

大事なのは、その人の原因が何でどのようにしないといけないのか

を見極める必要があります。そのため膝に対して一定のマニュアル

的な施術を行っても良い結果は得られません。

 

                              

まとめ

                              

もし、あなたの膝痛の原因が足の指の動きが悪いことによって出て

きているとしたら、そこを改善することなく膝痛が無くなることは

​おそらく無いでしょう。もちろん膝自体の施術も行う必要もありま

す。これまでに色々な治療を受けたけれどなかなか改善が感じられ

無いという方、初めて膝痛が出て「どうしよう…」とお悩みの方も

焼山の接骨院では、しっかり「あなたの原因」を探っていきます。

気軽にお問い合わせ下さい。

 

参考サイトはこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/hiza.html

 

焼山の接骨院


愛知県名古屋市天白区
お怪我の際はお気軽にお越しください