ヘッダー

足 (外反母趾・足底腱膜炎)

                              

足底腱膜炎のストレッチをする前に

チェックはお済みでしょうか?

                              

【脚・ひざ】足つぼマッサージをする女性

 

 

 

 

 

 

 

 

足底腱膜炎は一言で言うと『足の裏が痛い』という症状が出ます。

ただ、みんな同じところが痛くなるのかというと、焼山の接骨院

来院される方の傾向を見ていると、そうではないケースが非常に多

いです。むしろ、仕事や趣味の動き方の違いで場所は一定して出て

いないことの方が多いです。ただ、いくつかのポイントは共通して

いて、その部分の改善を図ることによって痛みがラクになります。

 

                              

チェックポイント

                              

足底腱膜に痛める負担がかかるには、いくつかの項目が挙げられま

す。代表的なものを2つあげますね。あなたもチェックしてみてく

ださい。

その①:足の内側の部分を平行にして立ってみてください。その状

    態で足の親指の付け根に重心を乗せるようにつま先立ちを

    してみてください。この状態で、足がフラフラして小指

    に重心が崩れていくようなら要注意のサインです。

 

 

 

その②:片足ずつでいいので、あぐらの格好で足の指を足の底の方

    に思い切り曲げるようにしてください。この時に親指と残

    りの4本の指を分けて曲げてください。そして、足の甲の

    部分に極度な痛みが出る場合は要注意です。

 

代表的な2つのポイントを戻すだけでもかなりの改善が見られます

。実践する場合は、自分で余計に傷めないように、必ず『柔らかい

刺激』から始めてください。

 

                              

まとめ

                              

【脚・ひざ】合わないパンプスで外反母趾ぎみの女性の足

 

 

 

 

 

 

 

 

前述のテストで強い反応を感じた場合は、早めに焼山の接骨院にご

相談ください。一生懸命ストレッチをしていただくことは本当に大

切なことです。ただ、動きのクセを戻さずに闇雲にやったとしても

あまり良い効果は期待できないと言っても過言ではないです。しっ

かりと元の動きに戻してから行うことで、より効果的な結果を得ら

れます。何事も段階を積み重ねていくことが大事になります。

 

もし、あなたが足底腱膜炎でお悩みなのでしたら、お気軽にお問い

合わせ頂けると嬉しいです。

                                

ふくらはぎ健康法でプロポーション改善

                               

084505

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふくらはぎとプロポーションってどういう関係があるの!?

そう思われた方も多いかもしれませんね。プロポーションというと、

びれや脚の細さなど分けて考えがちですね。ただ、この二つの部分

密接に関係してきます。

 

                               

なぜ、プロポーションが崩れるのか!?

                               

まず、立っている時に唯一地面と接してバランスを取っているところ

は足の裏になります。その足の裏に上手く重心が載っているかいない

かがポイントになります。ヒールの高い靴などを履きすぎて重心がか

かとの後ろにかかりすぎているような方はかかとの骨が内反(かかと

の底が内側に向く)するように傾きが出ます。

 

この時点で、足首から上の部分、膝や股関節にねじれる動きが発生し

ます。その動きが大きければ大きいほど骨盤を傾けてバランスを取ろ

うとします。

 

                               

骨盤のバランスが崩れると…

                               

多くの女性が骨盤が横から見て後ろに倒れていくようなバランスの崩

れ方をして、背中を前に曲げないといけないようなクセがつきます。

なかには過剰に腰を反らせてバランスを取る場合もあります(反り腰

)。いずれにしてもバランスが崩れているので体によくない状況です。

 

                               

ずん胴型や洋梨型体系の元…

                               

骨盤が倒れて背中が曲がるとお腹周りの胴体を支える筋肉の動きが上

手くいかずにプロポーションが崩れてきます。その上、内臓が余分な

圧迫を受けて本来の働きが落ちてしまい代謝が落ちることで脂肪を蓄

えようという働きも活発になりウエストにお肉が着きすぎている状態

になってしまいがちです。

 

                               

骨盤を引き締めるには足元から!

                               

20150405_12002420150405_12013320150405_120222

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①左上の写真のように足を平行にします(

 ひざのお皿と足の指がまっすぐ前を向く

 方向に整える)。

②右上の写真のように足の指を上に反らせ

 ます。この時に顔が下向きにならないよ

 うに注意してください。

 

③下の写真のようにつま先立ちをします。

 この時に足の親指の付け根に体重を乗せ

 るようにつま先立ちをします。ただし、床でやると痛いのでフェイ

 スタオルなどを折りたたんだもの(三つ折りぐらい)を敷いておく

 と痛まなくて済みます。

 

写真のモデルもうまく力が入らずにかかとがあまり上がっていませ

が、10センチ以上はかかとが上がるように頑張りましょう。そして

それが出来れば3秒間静止してゆっくりかかとを下ろしてください。

 

うまくできるまではテーブルに手をついたり壁に手をついたりして

​バランスをとりながらチャレンジしてみてください。

 

                               

まとめ

                               

足首に力が入りかかとがまっすぐになれば、膝や股関節にねじれが出

ずに骨盤の傾きが安定します。安定すればくびれを出す筋肉も引き締

まって活動します。そして、内臓の圧迫も弱まり代謝が上がって免疫

力が上がったり健康面にも良い効果を発揮してくれます。

 

最後に一番やってほしいことが運動をした後に必ず柔軟体操(ふくら

はぎのストレッチ)を忘れずに!むかし学校の体育で習ったアキレス

腱を伸ばす体操で十分です(20秒間静止して伸ばしましょう)。

 

くれぐれも早く状態を変えようとして1日に100回〜200回とか

やらないように最初は5回を1セット×3回ぐらいでおさめて下さい。

http://yakiyamanosekkotuin.com/cold.html

                            

左足のしびれの改善を望むなら、まず根本

原因を探しましょう!

                            

 

【脚・ひざ】ソファーに座って足をマッサージする女性

 

 

 

 

 

 

 

 

左足に限ったことではないですが、「しびれ」が出ると何となく

体に不調をきたしている感じがしますよね。そして、病院に行く

と「足のしびれは腰からきます」と言われてレントゲンの検査を

します。でも、本当に腰からの症状ばかりでしょうか!?

 

                             

ほとんどの人が腰ではない場所が問題で

しびれが出ています

                             

足に分布する神経は腰から出てくるのは間違いのないことです。

ただ、しびれの全てが神経の圧迫で起こるものではないというこ

とです。他に何があるかというと皆さんもご経験があるかと思い

ますが正座のしすぎで足がしびれるという状態。

 

                             

なぜ、正座のしすぎでしびれるの!?

                             

正座のしすぎでしびれる場合は、血液の流れが止められることに

よって周りの筋肉に酸素が行き渡らなくなります。その時に感じ

るのが酸素不足によるしびれ感です。

 

                             

しびれに関連するもう一つの要因

                             

あと、一つは筋膜という筋肉を覆っている『膜』の問題がありま

す。筋膜は表皮の下の真皮、その下にあります。この筋膜は呼吸

をしているように膨らんで縮んでをゆっく〜り繰り返します。

 

この部分が何らかの影響で硬くなり上手く膨らんで縮んでができ

なくなります。その時にリンパ液や細胞の外を満たしている体液

の循環が悪くなります。そうなると『しびれ』が出てくることが

あります。

 

                             

筋膜の状態が悪いと起こる事

                             

【脚・ひざ】ふくらはぎの痛み、むくみイメージ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筋膜の緊張が出てくると中に収納されている筋肉の働きが悪くな

り筋力が落ちてしまうことがあります。その状態が長く続くと筋

肉が力の入れ方を忘れてしまうことがあります(=センサリーモ

ターアムネジア)。この時にしびれを感じるのですが、レント

ゲン上には筋膜の異常が映らないので血流を良くするお薬を処方

されて終わりということになります。

 

                             

まとめ

                             

上述したように「しびれ」の出る原因にもいろいろな可能性があ

ります。初めから腰からの症状と決めつけずに根本原因をしっか

り見つけてその状況に合わせた治療をすることで、ちゃんと回復

する可能性のある方はたくさんいます。

 

現に焼山の接骨院にはしびれをあきらめていた方のほとんどが、

しっかり施術を受けていただくことで、『しびれが無くなる』と

いう状況を体感されています。

みなさんこんにちは【名古屋の美骨盤コンサルタント】天白区

『焼山の接骨院』の水谷です。

 

足のトラブルと言っても、外反母趾や胼胝(タコ)、鶏眼(ウオノメ)など

色々とありますよね。そのどれもが、と言っていいほど、その場所だけではなく

足首、ひざ、股関節、腰…と、身体の上の関節に影響を与えます。

 

もし、足のトラブルがなかったとしても想像してみてください。

柱の角に足の小指をぶつけると、痛くて歩き方がおかしくなりますよね。

 

最初に記述した何らかの足のトラブルがある場合、痛みを避けようとして

前後左右の歩き方のバランスが崩れてしまうことにつながります。

 

そのような状況が続けば、筋肉の使い方や伸ばされる度合いなどが

変化したまま動くことになります。

 

その結果、関節にひずみを作ってしまい、例えばひざの関節にかかる負担が

内側と外側で均等にかかってほしいところ内側だけに負担が集中して

内側の軟骨がすり減ってきた…と、いう結果につながる可能性が増えます。

 

すると、その膝に痛みが出て調子が悪くて、出歩かなくなったりして

体力の減退にもつながったりもします。

 

たかが足、されど足です。足は、身体の中でも唯一、立っている姿勢の時に

地面に接してバランスをとっている場所です。

 

その場所のケアを怠ることによって、後から来る痛みに悩まされる…と

言ったことになる前に、早めの対処をお勧めします。

 

「長年、調子悪いから…」や「変形もひどいしあきらめている…」と

思っているあなたこそ必要なことです。

 

あなたの残りの人生を、旅行や遊びで楽しむためにも、今のうちから

手入れをして痛みのない状態にしていきましょう(^^)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

みなさんこんにちは【名古屋の美骨盤コンサルタント】天白区

『焼山の接骨院』の水谷です。

 

お仕事や育児で手を良く使っていて、手から肘にかけての違和感や

痛みを感じている方がよく来院されます。

 

多くの場合が痛みや違和感の出ている場所に注目しがちになりますが

意外に思われるかもしれませんが、原因は別の場所にあったりします。

 

まず、なぜその痛みが出るようになったのかという原因を考えていく

必要があるのですが、その原因をたどると骨盤の状況や股関節

足首などの状態が悪くなっていることで出ているケースもあります。

 

一見関係のないような場所に思われるかもしれませんが、動きの中の

『運動連鎖』と、いう考えからすると結構あてはまる方が多いです。

 

足から骨盤、骨盤から背骨、背骨から肩甲骨、肩甲骨から胸の筋肉に

作用して、上腕骨(肘から上の部分)にねじれが発生して、その状態で

手をつかうことによって、指や手首の腱鞘炎に発展しているようなケースがあります。

 

足は大丈夫だけれど、背中の部分から影響を受けていたりのケースも

見受けられます。

 

もし、あなたが痛みで悩んでいて痛い場所だけを触って

もらっているような状況ですと、残念ながら改善は望め

ないかもしれません。

 

根本的な改善を目指すなら、身体をトータルで見て判断していくことが

大切になります。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

焼山の接骨院


愛知県名古屋市天白区
お怪我の際はお気軽にお越しください