ヘッダー

ぎっくり腰の記事

                             

こんなことも「ぎっくり腰」の

原因になります

                             

32e9287b20337c22246593bec4ff4427_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんこんにちは焼山の接骨院の水谷です。あなた

はご存知ですか!?三月・四月と「花粉症」に悩まさ

れる人が多いこの時期ですが、年間を通して見ても

「ぎっくり腰」で調子を崩す人も多くなります。意外

だと思いませんか?

 

                            

なぜ、ぎっくり腰の人が増えるのか?

                            

三月から四月にかけて気温の変動が激しいのも、みな

さん感じていると思いますが、それが関係してきます。

人間の体は非常に優れた機能を持っていて、ホメオス

タシス=恒常性(こうじょうせい)という機能が備わ

っています。聞いたことあるような無いような…とい

う感じかもしれませんが、簡単に言うと体の状態を外

部環境にかかわらず一定に保つ機能のことです。

 

                             

寒暖差との関わり

                             

【生活】部屋でホームページを見る女性

 

 

 

 

 

 

 

 

ホメオスタシスの部分で今回関係するのは気温差によ

る影響です。人間は、寒いところに行っても暑いとこ

ろに行っても関係なく体温は、ほぼ一定ですよね。

実はその状態を保つために体はエネルギーを使って頑

張っている状況にあります。頑張っている状態が長く

続くと疲労してきます。疲労が蓄積すると体は硬くな

ります。硬くなると痛めやすくなります。

 

                             

まとめ

                             

疲労して体が硬くなると少し体に負荷がかかるだけで

痛めてしまうことがあります。特に体を動かすことの

多くなるこの時期は腰にかかる負担も増えます。そし

て、ぎっくり腰になる人も増える傾向です。中には花

粉症がひどくて、くしゃみをした時にぎっくり腰を引

き起こす例も少なくありません。

 

ホメオスタシスの影響だけでなく、この時期は活動量

も増え疲労の蓄積もしやすいので体の手入れには気を

つけてください。

 

ちなみに、この時期が過ぎれば、ある程度体も慣れて

きて、そこまで疲労感のために痛めてしまうというこ

とも少なくなるようです。

 

 

 

                             

完治と思っていた

ぎっくり腰が再発…

                             

32e9287b20337c22246593bec4ff4427_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年の傾向ですが、これから寒暖の差が出てくると多

くなるのが「ぎっくり腰」ですね。今年は、暖かくな

るのが早いせいか例年よりも早い時期に焼山の接骨院

にも多くのぎっくり腰の方が来院されている傾向です。

 

そして、その中でも多いのが「再発」という形で痛め

ている人達です。

 

                             

なぜ、ぎっくり腰は再発するのか?

                             

再発が多くなっている理由は、いくつかあります。

クセがついて何度も繰り返し、再発しているために、

腰骨や骨盤を支える靭帯の強度や筋力が弱っています。

そして、「弱っている」ところに負担がかかり再発し

てしまうケースが多い傾向です。そして、「弱ってい

る」という状況がポイントになります。

 

                             

「弱っている」を放っておくと…

                             

5baa675ab88a4f33ea9692d91ecc7a16_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぎっくり腰になった当初、はじめのうちは、しっかり

改善のために頑張っているのですが痛みがなくなると

急に何もしなくなる人が多い傾向です。そして、痛め

たら再び来院する、ということを繰り返しているため

不安定な状態が続き、頑張っても良い状態に戻せなく

なってしまうことがあります。

 

そうなると、ある程度は良くできても、一般的に安定

しているというレベルには程遠い状態になります。

 

                             

まとめ

                             

他にもぎっくり腰を再発する要因は、たくさん挙げら

れますが、今回は「弱っている」ということに対して

の例を挙げさせていただきました。

 

繰り返し再発してしまうデメリットは、先ほども述べ

たように良い状態に戻りにくくなることです。人間の

体は「機械」ではありません。どこかが悪くなれば、

部品を新しいものに交換すればいい…という具合に状

態を戻すことはできません。

 

傷ついてしまった筋肉や靭帯などの組織の修復にも時

間はかかりますし、弱くなってしまった力は勝手には

戻ってくれません。

 

あなたが、もし「再発」を繰り返しているのなら、再

発予防の意識を持っていただくとともに、少しでも不

安を感じたら早めに専門家にご相談いただくことをお

勧めします。

 

相談に行く時間が取れない忙しいあなたの参考に ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/youtsuu.html

 

 

 

                             

腰が痛い… 腎臓のあたりも痛い…

                             

IMG_0443

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰が痛くて、その場所が腎臓のあたりに… こういう

状態だと心配になりますね。多くの方が、腰痛の延長

線上で腎臓の位置あたりが痛くなることがありますが

稀にですが女性で、腎盂炎を患われての痛みが、出て

いる場合があります。

 

その場合は、冷や汗をかいて熱も40度ぐらいでて…

と、かなり大変な状態でもありますのでご注意を!

 

                             

腰痛と発熱

                             

【めまい】めまいを起こす女性(アップ)

 

 

 

 

 

 

 

 

腰痛の場合で熱を伴うということは、そんなに見る症

状ではありません。ぎっくり腰などをやった時にごく

稀に熱が出た…という方が、来院される場合もありま

すが、発熱がある場合は、多くが別の症状を併発して

いたりします。

 

あと、逆に高熱でしばらく寝たきりになっていた…こ

のような状況の場合、それが原因で腰痛が出る場合も

あります。寝ている間に体が硬くなり、少し回復して

動き出したところ腰に負担がかかりすぎて痛めたりし

ます。

 

そして、腰痛で腎臓の部分に痛みを感じている場合は

その部分を皮膚の下で覆っている「筋膜」の緊張が、

関係している場合があります。

 

それはそれで、対処が必要になりますので、変なクセ

がつく前に専門家にご相談ください。

 

                             

まとめ

                             

今回のように腎臓のあたりが痛むような場合は、腎盂

炎の可能性もあります。ほとんどの場合、女性で膀胱

炎から発展して腎盂炎になっていることが多いようで

す。

 

もし、あなたが「いつもの腰痛とは何か違う…!?」

と、感じた時は、お近くの泌尿器科などで相談してい

ただくことをお勧めします。

 

腰痛の場合はこちらを参考に ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/youtsuu.html

 

 

 

                             

ぎっくり腰は、予防できますか?

                             

IMG_0443

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ぎっくり腰は、予防できますか?」と、よくぎっく

り腰を繰り返されている人に聞かれることがあります。

答えは「イエス!」です。そもそも、ぎっくり腰は、

生活習慣で、身についてしまった動き方や形のクセが

原因になっていることが多い傾向にあります。なので

原因を見つけて改善していくと予防ができます。

 

                             

ぎっくり腰の3つのタイプ

                             

一言にぎっくり腰と言っても、原因が全て同じではあ

りません。タイプを大きく分けて3つに分かれます。

一つは、腰部椎間関節(ようぶついかんかんせつ=腰

骨の関節)の捻挫、仙腸関節(せんちょう関節)の捻

挫、腰部筋膜炎に分かれます。これらは、ざっくりと

分けていますが、併発して出ている場合もあります。

そして、もっと大事なことが、それらが起こってしま

う原因です。

 

                             

原因は何…!?

                             

【腰痛】重い荷物を持ってギックリ腰になった女性

 

 

 

 

 

 

 

 

原因は、写真のような持ち方の問題もありますが、も

っと大事なのは、その体勢で、なぜ痛めてしまったか

が重要です。例えば、股関節の筋肉が硬く伸張性が失

われ腰に悪影響を及ぼしてしまう場合や足首のバラン

スが悪くて、何かの動作をした拍子にぎっくり腰にな

ってしまう場合もあります。そのように原因は、人そ

れぞれ違ってきます。ある人には良い予防法でも、あ

なたには逆効果になることさえありえます。

 

                             

まとめ

                             

予防法も、状態に合わせたものでなければ、意味をな

さないとまでは言いませんが、あまりプラスに働かな

い場合もあります。そのため、まずはあなたがぎっく

り腰になってしまった時に治してもらったお医者さん

や治療院の先生などに、相談して教えてもらうのが、

一番いいと思います。たまに、動画などで検索して、

真似して体操やストレッチをやって、かえって痛みを

ひどくしたりという方もいますので、ご注意ください。

 

参考サイトはこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/youtsuu.html

 

 

 

                              

ぎっくり腰・湿布で鎮痛もいいですが

​根本改善してみませんか!?

                              

【腰痛】重い荷物を持ってギックリ腰になった女性

 

 

 

 

 

 

 

ぎっくり腰、何度も繰り返している人は上の写真を見ただけでも痛

みが蘇ってくるのではないでしょうか!? 経験したことがないから

想像がつかないという方も参考になれば幸いです。ぎっくり腰と聞

くと「一発」の刺激で急性腰痛を引き起こしてしまうというイメー

ジをお持ちになっている方が多い傾向です。

 

ただ、本当はそれまでの積み重ね、例えば体の手入れをしていなく

て硬くなっている状態や運動していなくて力を使っていないのに急

に力を使って関節や筋膜を痛めてしまうようなケースがほとんどで

 

                              

なぜ、鎮痛処置だけではいけないの?

                              

​鎮痛処置は、例えば湿布やお薬の役割でいうと細胞にあるポリモー

ダル受容器(侵害受容器)という部分に痛みを感じさせる発痛物質

(ブラジキニンやヒスタミンなど)が入り込むと脳に信号を送り痛

みとして認識させます。湿布やお薬は、その発痛物質を受容器に入

らせないように蓋をしてしまうことにより痛みを感じなくさせます。

 

ただ、痛みを感じなくは出来ますが発痛物質が出てしまう原因にな

っている、筋肉や関節の硬さまでは変えることはできません。実は

​ぎっくり腰の原因のほとんどが筋肉や関節の硬さが出ているにも関

わらず無理した結果、「突然痛くなったような感じ」で痛められる

ケースが多いのです。

 

                              

根本改善するためには!?

                              

【生活】改善して仕事がはかどるビジネススーツの女性

 

 

 

 

 

 

 

私たちマニュアルセラピスト(徒手療法家)がやれる部分は、発痛

物質が出る前段階の筋肉や関節を包む袋(=関節包)が硬くなり、

酸素欠乏の状態により引き起こされる硬さを取ることや硬さが出て

しまう要因にアプローチすることができます。そこを改善してあげ

ると発痛物質が出てしまう段階を未然に回避でき結果的に痛い思い

をしなくて済みますし、ぎっくり腰を経験しなくても済みます。

 

                              

まとめ

                              

ぎっくり腰をすでにやってしまったという場合も、なんか腰の疲れ

や違和感が出始めている気がするという場合も早めのケアとメンテ

ナンスをおすすめします。

 

鎮痛剤によって痛みの反応を一時的に抑えることも、時と場合によ

っては必要になってくると思います。

 

ただ、あなたが何度も同じ部分を痛めて苦むのが嫌だとお考えな

ら根本原因をしっかりさぐり真の原因をきとめ、そこを改善する

ことでラクな状態を取り戻すことをおすめします。焼山の接骨院

では同じような境遇の方が多く来院され顔を取り戻されています

。お気軽にお問い合わせください。

 

​参考サイトはこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/youtsuu.html
 

焼山の接骨院


愛知県名古屋市天白区
お怪我の際はお気軽にお越しください