ヘッダー

ストレッチの記事

                             

眠れないほどの肩こりを

改善するには

                             

206725ea39f32c0b4423d1fea5235226_s

 

 

 

 

 

 

 

 

肩こりでお悩みの方は非常に多いですが、その中でも

「眠れないほど辛い」という方もいて、不眠で顔色も

悪く、元気もなくなり目の下にクマもできていたりで

見ていて、こちらまで辛くなってきます。

 

なぜ、眠れなくなってしまうと思いますか?

 

                             

眠れなくなってしまう理由

                             

眠れなくなる理由は、いくつかあると思いますが、一

番多いと感じるのは、筋肉の緊張が強すぎて寝ている

格好になっていても肩が上に挙がったままでリラック

スできないために眠れていないというタイプが多いよ

うです。

 

常に緊張状態が続くと「交感神経」が優位に働いてい

て、大げさに言うと常に運動をしているような状態に

なります。運動しながら「眠る」って出来ないですも

んね。

 

                             

眠れるようになるためには

                             

5baa675ab88a4f33ea9692d91ecc7a16_s

 

 

 

 

 

 

 

 

上述しているように、緊張状態が問題になります。そ

れでは何をすれば良いかというと「リラックス状態」

を作ることです。単純に思えるかもしれませんが、こ

の方法が良い状態に導いてくれるでしょう。ちなみに

どのような方法かというと下の写真を参考にしてくだ

さい。

IMG_0148

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真のように指を組んだ状態で胸を張ります。そして

軽く上を向いて頂き10秒から20秒維持します。こ

の動きによって肩甲骨の内側、外側、上下の筋肉がス

トレッチされます。緊張状態が続いている場合は、ほ

とんどの場合が肩甲骨周りの筋肉の緊張が強くなって

います。(注意:強引に強くやりすぎないように!)

 

                             

まとめ

                             

今回は、リラックス状態を作るということに対しての

方法を紹介しましたが、別の原因で眠れなくなってい

ることも原因として考えられる場合もあります。その

時は、ご紹介した方法がきかないこともあります。

 

状態がなかなか改善しない場合は、専門家に相談して

いただき、状態に合わせた方法を教えていただくと良

いでしょう。

 

今回紹介した体操も、やって急に100の悪い状態が

0(ゼロ)になるわけではございません。何度も繰り

返し優しく行っていただくことをお勧めします。

 

 

 

                             

ひどい肩こりで横を向くのも辛い

                             

6d2de2851c039ce7f2adf41e9a5c2de1_s

 

 

 

 

 

 

 

 

首や肩の筋肉が硬くなりすぎて頚椎(首の骨)の捻れ

る動きが悪くなっているタイプの方は振り向く動きが

悪くなり、痛みも伴います。

 

発生する要因として、長時間のデスクワークや運転な

どの影響で出ている人が多い傾向です。あなたの職業

は、首に負担がかかりそうな内容ですか?

 

                             

対策として

                             

健康関連の番組を見ていて、たまに「怖いなぁ〜」と

思う対処法を見かけることがあります。どんな方法か

というと『首をグルグル回す』『肩をグルグル回す』

方法です。私の20年近い施術経験で、この方法で肩

こりが善くなった人を一人も見たことがない!と言っ

てもいいぐらい効果が出ていません。しかも、やりす

ぎて余計に痛くなってしまうケースさえみます。

 

なぜ、回すといけないのか?

 

それは、特に硬くなって引っ掛かりを感じるような動

きがある場合、引っかかって負担があるところを無視

して動かすことで、筋肉の防御反応が働いてしまいま

す。そうすると体操中はラクな感じがしても、時間が

経つとコリがひどくなるという悪循環を起こします。

 

                             

肩こりにはこの体操を!

                             

20150401_115559

20150401_115605

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一例を紹介すると左の写真のように指を組んで、腕を

上にあげます。そして、次に右の写真のように肩をす

くめるような形で上に腕を突き上げるようにします。

その姿勢を、3〜5秒間保っていただいて「ゆっくり」

下ろすようにします。それを5〜10回繰り返します。

 

この動きは、肩甲骨を上下に動かしたり、肩甲骨にく

っつくたくさんの筋肉を覆っている筋膜のストレッチ

効果が期待できます。そして、動きや血液の循環が変

わることで肩こりの解消へとつながっていきます。

 

                             

まとめ

                             

体操は一例であり、肩の関節が痛くて腕が上がらない

タイプの人にはあまりお勧めできませんので、ご注意

ください。他の体操もたくさんありますが、ページの

大きさの都合上、すべてを紹介することができません

ので、またの機会に紹介させていただきますね。

 

くれぐれもグルグル回すタイプの体操を控えていただ

き、あなたの「ひどい肩こり」が早く回復することを

お祈りします。最後までお読みいただき、ありがとう

ございました。

 

参考サイトはこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/katakori.html

 

 

 

                             

筋肉痛のような痛みが背中に出たら

                             

339790

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここのところ急激に冷えてきてインフルエンザにかか

って高熱が出てダウンしていました…という方が増え

てきている傾向です。そんな時に寝込んでいて、回復

していざ動こうとすると背中が痛い…そんなことがよ

くあります。

 

そういった場合、ほとんどの方が活動不足のために筋

肉が硬直してしまったような状況で痛みが出てきます。

 

そして、その硬さが体の回復とともに柔軟性が戻って

くれるといいのですが、なかなか勝手に柔らかくなっ

てはくれません。

 

                             

硬さが出るポイント

                             

背中が硬くなっていたい時に筋肉も硬くなるのですが

もう一つ硬くなってしまうポイントがあります。それ

は、背骨の関節と背骨と肋骨をつなぐ関節です。ここ

が硬くなっている人は、背中のマッサージを一生懸命

やったとしても、なかなかすっきりした感じが出てき

ません。

 

それではどうすればいいのか?

 

                             

このストレッチで安心

                             

20160128_130326

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この写真の体操ってラジオ体操などで出てくる皆さん

もよくご存知な方法です。ただ、少しアレンジしてい

ただきたいところがあります。倒し方を「1・2・3」

と、勢いをつけて倒すのではなく、倒したまま10秒

以上20秒未満ぐらいの間、維持して欲しいのです。

 

すると、体の側方の筋肉や(写真でいうと)右側の腹

筋、右側の背筋を同時に伸ばしつつ「肋骨と背骨の関

節=肋横(ろくおう)関節」の硬さをストレッチする

効果も期待できます。

 

意外にやってみるときつかったりするので、無理のな

いように、つっぱりを感じるところまで倒してみてく

ださい。方向は、真横を基本として少し斜め前や斜め

後ろなどにも交互に行ってみてください。

 

                             

まとめ

                             

上記のストレッチを行うことで、体幹の前屈や後屈で

背中を和らげようとする方法に対して、痛めるリスク

が格段に下がります。

 

柔軟性に自信がない人ほど、写真の方法の誰もが知る

ストレッチが効果的になります。

 

そして、インフルエンザで高熱を出して寝込んでいた

方にも非常に優しいストレッチになります。くれぐれ

も勢いをつけて強引に体を倒さないように注意して行

ってください。

 

参考サイトはこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/

 

 

 

                             

股関節痛のストレッチを

始めるなら「ここから」

                             

20150413_115355

 

 

 

 

 

 

 

上の写真のようなストレッチをやったことあるという

人も、ないという人もいると思います。この方法は、

どの部分を伸ばそうとしているのか解りますか!?

 

ちなみに巷でよく聞く「インナーマッスル」ってご存

知ですか?簡単に言うと骨のすぐきわに着いて、関節

を安定させるために着いている筋肉のことを指します。

 

腰の大事なインナーマッスルに当たる部分のストレッ

チが、上の写真のストレッチになります。

 

                             

股関節の痛みと腰の

インナーマッスル

                             

すべての股関節痛が、腰のインナーマッスルである大

腰筋(だいようきん)が原因ではないですが、かなり

の確率で多いので、今回はこの筋肉について触れさせ

ていただきます。もともと腰骨のおなか側から股関節

の骨=太ももの骨の上の内側にくっつく筋肉です。

 

この筋肉が何らかの原因(人によって様々)によって

硬くなってしまうと骨盤の骨と太ももの骨の間=股関

節で、「ねじれ」が発生してしまいます。そのねじれ

が、痛みの原因になります。

 

                             

なぜ、ねじれると痛むのか!?

                             

【生活】改善して仕事がはかどるビジネススーツの女性

 

 

 

 

 

 

 

 

関節がこう動いて欲しいという「軌道(きどう)」と

いうものがあります。ねじれが発生すると軌道からず

れてしまい、本来、体重を受けるべき場所で、体重を

受けられなくなり、その部分に関節を破壊してしまい

かねない負担がかかるようになります。その負担を危

険と感じ、脳に負担を避けるようにサインを送ってい

るのが「痛み」と、言えます。

 

                             

まとめ

                             

痛みが出たらどうすればいいのか? それは、痛みが

出ないようにすれば良いのです… それを具体的に言

うと今回の股関節痛でいうと一枚目の写真の格好での

ストレッチ行うことです。同じような姿勢で、手をベ

ッドの代わりに何かの台に置いたりしても大丈夫です。

 

後ろにある脚(写真でいうと左脚)側のお尻を、ゆっ

くり沈み込ませるように体を動かします。股関節の前

側が突っ張るところまでしっかり伸ばしたら、その位

置で10秒〜20秒静止してください。

 

もし、痛みが強すぎる場合は、無理しすぎず軽めで行

うか、それでもひどい場合や改善しない場合は、専門

家にご相談ください。

 

参考サイトはこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/index.html

 

 

 

                             

猫背のストレッチと整体で姿勢改善①

                             

IMG_0495

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猫背のストレッチは、色々とやるべきことがあります

が、今回は、背骨に対しての一つの方法を、ご紹介さ

せていただきます。真似するのも簡単ですので無理の

ないように、やってみてください。まず上の写真のよ

うに体の後ろに手を回していただき、指を組みます。

 

IMG_0148IMG_0497

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、次に胸を張りながら肘をまっすぐに伸ばしま

す。肩甲骨をできるだけ背骨にくっつけるように胸を

張ります。この時、体が斜めに倒れたりしないように

気をつけてください。

 

IMG_0498

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、軽く(本当に軽〜く、と言うぐらいで)顔を

上に向けて、首が反るようにします。首を反ることで

一連の動きで反らされた背骨が、もうひと伸びするよ

うなイメージです。この格好で10〜20秒間ストレ

ッチをします。回数は、1回に2〜3回行っていただ

くと、良いでしょう。無理やりやらなければ何回やっ

ていただいても害になることはないので安心してくだ

さい。

 

                             

まとめ

                             

このストレッチで、すべての猫背の原因が改善するわ

けではありません。ただ、繰り返し行うことで、これ

まで『猫背って治るのかな!?』と、思ってしまって

いた人の背骨の硬さが緩和して、背骨を支える筋肉が

「うまく機能」しやすくなります。この「うまく…」

という部分が案外できていない人が多いため、「気付

いたら猫背」という状態になっていたりします。

 

そして、ストレッチを頑張ってやることで、ご自身で

整体を行っているような変化を生み出せます。

 

ただ、張り切りすぎて無理をするのも心配なので、強

引に胸を張ったり、首を強く反りすぎたりはしないよ

うに、ご注意ください。

 

参考サイトはこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/index.html

 

 

 

焼山の接骨院


愛知県名古屋市天白区
お怪我の際はお気軽にお越しください