ヘッダー

改善の記事

                             

眠れないほどの肩こりを

改善するには

                             

206725ea39f32c0b4423d1fea5235226_s

 

 

 

 

 

 

 

 

肩こりでお悩みの方は非常に多いですが、その中でも

「眠れないほど辛い」という方もいて、不眠で顔色も

悪く、元気もなくなり目の下にクマもできていたりで

見ていて、こちらまで辛くなってきます。

 

なぜ、眠れなくなってしまうと思いますか?

 

                             

眠れなくなってしまう理由

                             

眠れなくなる理由は、いくつかあると思いますが、一

番多いと感じるのは、筋肉の緊張が強すぎて寝ている

格好になっていても肩が上に挙がったままでリラック

スできないために眠れていないというタイプが多いよ

うです。

 

常に緊張状態が続くと「交感神経」が優位に働いてい

て、大げさに言うと常に運動をしているような状態に

なります。運動しながら「眠る」って出来ないですも

んね。

 

                             

眠れるようになるためには

                             

5baa675ab88a4f33ea9692d91ecc7a16_s

 

 

 

 

 

 

 

 

上述しているように、緊張状態が問題になります。そ

れでは何をすれば良いかというと「リラックス状態」

を作ることです。単純に思えるかもしれませんが、こ

の方法が良い状態に導いてくれるでしょう。ちなみに

どのような方法かというと下の写真を参考にしてくだ

さい。

IMG_0148

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真のように指を組んだ状態で胸を張ります。そして

軽く上を向いて頂き10秒から20秒維持します。こ

の動きによって肩甲骨の内側、外側、上下の筋肉がス

トレッチされます。緊張状態が続いている場合は、ほ

とんどの場合が肩甲骨周りの筋肉の緊張が強くなって

います。(注意:強引に強くやりすぎないように!)

 

                             

まとめ

                             

今回は、リラックス状態を作るということに対しての

方法を紹介しましたが、別の原因で眠れなくなってい

ることも原因として考えられる場合もあります。その

時は、ご紹介した方法がきかないこともあります。

 

状態がなかなか改善しない場合は、専門家に相談して

いただき、状態に合わせた方法を教えていただくと良

いでしょう。

 

今回紹介した体操も、やって急に100の悪い状態が

0(ゼロ)になるわけではございません。何度も繰り

返し優しく行っていただくことをお勧めします。

 

 

 

                             

完治と思っていた

ぎっくり腰が再発…

                             

32e9287b20337c22246593bec4ff4427_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年の傾向ですが、これから寒暖の差が出てくると多

くなるのが「ぎっくり腰」ですね。今年は、暖かくな

るのが早いせいか例年よりも早い時期に焼山の接骨院

にも多くのぎっくり腰の方が来院されている傾向です。

 

そして、その中でも多いのが「再発」という形で痛め

ている人達です。

 

                             

なぜ、ぎっくり腰は再発するのか?

                             

再発が多くなっている理由は、いくつかあります。

クセがついて何度も繰り返し、再発しているために、

腰骨や骨盤を支える靭帯の強度や筋力が弱っています。

そして、「弱っている」ところに負担がかかり再発し

てしまうケースが多い傾向です。そして、「弱ってい

る」という状況がポイントになります。

 

                             

「弱っている」を放っておくと…

                             

5baa675ab88a4f33ea9692d91ecc7a16_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぎっくり腰になった当初、はじめのうちは、しっかり

改善のために頑張っているのですが痛みがなくなると

急に何もしなくなる人が多い傾向です。そして、痛め

たら再び来院する、ということを繰り返しているため

不安定な状態が続き、頑張っても良い状態に戻せなく

なってしまうことがあります。

 

そうなると、ある程度は良くできても、一般的に安定

しているというレベルには程遠い状態になります。

 

                             

まとめ

                             

他にもぎっくり腰を再発する要因は、たくさん挙げら

れますが、今回は「弱っている」ということに対して

の例を挙げさせていただきました。

 

繰り返し再発してしまうデメリットは、先ほども述べ

たように良い状態に戻りにくくなることです。人間の

体は「機械」ではありません。どこかが悪くなれば、

部品を新しいものに交換すればいい…という具合に状

態を戻すことはできません。

 

傷ついてしまった筋肉や靭帯などの組織の修復にも時

間はかかりますし、弱くなってしまった力は勝手には

戻ってくれません。

 

あなたが、もし「再発」を繰り返しているのなら、再

発予防の意識を持っていただくとともに、少しでも不

安を感じたら早めに専門家にご相談いただくことをお

勧めします。

 

相談に行く時間が取れない忙しいあなたの参考に ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/youtsuu.html

 

 

 

                             

なぜ、左右の後頭部が痛むタイプの

頭痛が出るのか?

                             

6f8d28402b88654456fe140c75ce05dd_s

 

 

 

 

 

 

 

 

後頭部の頭痛に限らず、頭痛が出ると憂鬱になります

し、ちょっと怖い感じがしますよね。ただ、痛みのタ

イプで、なぜ頭痛が起きるのかを知っていれば安心で

すね。今回は、頭痛の中でも後頭部に出ているタイプ

のパターンを解説させていただきますね。

 

                             

後頭部が痛む理由

                             

後頭部が痛む時の理由が、いくつか挙げられます。ま

ず、後頭骨(こうとうこつ=後頭部の骨)と首の一番

上の環椎(かんつい)と二番目の軸椎(じくつい)を

結んでいる小さな筋肉があります。その筋肉の左右ど

ちらかが硬くなり血管や神経の通り道を狭めてしまい

それが元で痛むケースがあります。

 

もう一つは、環椎の位置がずれているケースや、さら

に頭蓋骨の後頭骨と蝶形骨(ちょうけいこつ=こめか

みの骨)の関節の噛み合わせの異常など、いくつかの

原因が挙げられます。これらの複合した症状の場合も

あります。

 

                             

間違った対処にご注意を!

                             

b894c88bbd01d984bf0b6b72f4614ca0_s

 

 

 

 

 

 

 

 

後頭部の痛みやそれに伴う頭痛の時にやりがちなのが

その部分を指で押してしまうことです。これは非常に

危険なので、やるクセがある人はご注意ください。な

ぜ危険かと言いますと、その部分は繊細で後頭部自体

が環椎とともにバランスをとるセンサーのような役割

をしています。

 

そのセンサーを無理やり押して、少しずれるような状

況になってしまうと、体のバランスが上手く取れなく

なり、原因不明のめまいや吐き気などの症状を呈する

結果にもなりかねません。

 

                             

まとめ

                             

後頭部の頭痛がきになる時は、まず姿勢を正して正面

を向いて立つか座るかで、首を捻らずに真横に倒しま

す。その時に首の動きだけで行い動きづらい方がない

かをチェックしてみてください。もし、どちらかが明

らかに動きが悪い状況なら、まずはその部分を変えて

いく必要があります。

 

それではどこに行けばいいのか?

 

お勧めするのは「頭蓋骨の調整」を行っている接骨院

や整骨院、整体院などの治療院の先生に相談してみて

くださいね。おそらく、その部分の異常も含め、他の

関連部位もしっかり検査してくれると思います。根本

原因をしっかりと改善してもらえれば、あなたの症状

はラクになるはずです。

 

参考サイトはこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/index.html

 

 

 

                             

ダイエットの前に骨盤周りの
整体はお済みですか?

                             

80b2916e31bc53122a7337ce8c2462dd_s

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイエットと骨盤矯正や整体って今でこそよく聞くワ

ードになってきましたが、あなたはご存知でした?

「知っています」というあなたも「知りません」とい

うあなたも興味があれば読み進めてみてください。

 

なぜ、ダイエットを始める前に骨盤周りの整体が必要

になってくるかもご存知ですか?

 

                             

整体と新陳代謝

                             

新陳代謝の概念として、ネットで調べると『生物体が

生存に必要な物質を体内に取り入れ、用済みとなった

古い物質を体外に出す現象。物質代謝』と出てきます。

 

ダイエットには上記の要素が欠かせません。

 

ただ、それを阻害してしまう要因と整体の必要性が関

連してくるのです。どういうことかと言うと、一例を

あげると骨盤と内臓の関係です。

 

                             

骨盤の傾きと胃腸の働き

                             

330478

 

 

 

 

 

 

 

 

 

骨盤の前には胃や小腸、大腸などがあります。「整体

の必要な骨盤の状態」というのが、骨盤が前後に傾い

てしまったり左右に倒れてしまった状況を指します。

例えば、骨盤が後ろに倒れると体が「くの字」に曲が

ってしまいます。曲がったことにより中にある胃腸の

圧迫が起こり栄養の吸収が上手くいかなくなります。

 

吸収が、上手くいかなくなると、体に「栄養を蓄えて

おこう」という反応が出てきます。その結果、お腹周

りの脂肪組織が増えてしまいます。このサイクルを変

えていないとダイエットは上手くいきません。そのた

め、このサイクルを変えるためにも整体でくの字の状

態にならないように戻しておく必要があるのです。

 

                             

まとめ

                             

以上のような部分の影響は、ほんの一例ですが、代謝

が悪くなっている状態です。古いもの(脂肪)が蓄積

してしまうことも代謝が落ちている状態なのです。他

にも背骨が曲がっているために神経の働きが悪くなり

代謝が落ちたり、呼吸が浅くなったりなどなど、ダイ

エットを邪魔してしまう要素を「整体」により変えて

いくことができます。

 

もし、あなたがダイエットにチャレンジしてもなかな

か改善が見られずに何度も諦めていた、というような

過去があるとしたら、一度お近くの整体院に相談され

ると良いかもしれません。

 

整体も色々ありますのでご参考に ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/kotuban.html

 

 

 

                             

産後の抱っこで腕がしびれる…

辛いですね

                             

4f07235f1fbc09079d1a232e973dc32b_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

産後の育児は、睡眠不足や長時間の授乳、抱っこなど

が続くことで疲労が重なってきて大変ですね。その上

腕がしびれて辛くなってくると泣きたくなっちゃう…

と、おっしゃる方も多いです。

 

あなたは、そんなお悩みないですか?

 

                             

腕のしびれの原因

                             

原因はいくつか考えられます。ざっくり言うと、腕に

着く神経の圧迫がどこかで出ているケース、血管の圧

迫がどこかで起きているケース、筋膜の緊張が強くな

りリンパ液や他の細胞外を満たしている液体の流動が

上手くいっていないケース、などがあります。

 

産後の育児中に見られるケースは、筋膜の緊張による

もので、出ている場合が多いように思います。

 

                             

なぜ、筋膜が緊張するのか?

                             

 【手首・肘】肘が痛み押さえる女性(アップ)

 

 

 

 

 

 

 

緊張する原因に多いのが、お子さんの横に添い寝をし

ていて、腕が圧迫し続けたり、寝かしつけようとして

ポンポン体を軽くたたくように使っていて疲労による

緊張だったり、授乳時の腕の格好が変な角度のまま、

やり続けて、その後で筋膜の緊張が強く出て、腕がパ

ンパンでしびれも伴っている、という状態です。

 

そういう原因が考えられるために実際にそういう状況

がるのなら上記の原因になることを工夫したり、逆の

ことをしてあげればラクになります。

 

                             

まとめ

                             

育児中で何かと忙しく、ついつい我慢を強いられるよ

うなことって多いですよね。なかなか、お子さんもい

て、改善したいけど時間が取れなかったり、預けると

ころがないから…と、諦めがちになりますね。

 

ただ、この頃は産後の対応をしている治療院も増えて

いますのでインターネットなどで探して、お近くの治

療院で見てもらうのもいいと思います。

 

その前に、長時間の抱っこなどで姿勢が崩れてしまう

ケースもありますので、まずは悪い姿勢になっていな

いかのチェックと、その改善として良い姿勢を意識す

ることが大切になります。無理のないように試してく

ださいね。

 

参考サイトはこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/sango.html

 

 

 

焼山の接骨院


愛知県名古屋市天白区
お怪我の際はお気軽にお越しください