ヘッダー

根本改善の記事

                             

ひどい肩こり、その場しのぎに

なっていませんか?

                             

IMG_0441

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでの「その場しのぎ…」どういうことかと言いま

すと、肩がこったからマッサージや指圧を肩だけに行

っていないかどうかということです。「えっ!?肩が

こるから肩をもんで何が悪いの?」そんな風に思われ

た方が多いのではないでしょうか。その方法だと、残

念ながらなかなか肩こりから開放されない日々を過ご

してしまう可能性が高くなります。

 

                             

肩こりは肩をもんでいるだけでは

不十分…

                             

肩をもむ行為が必要になるのは、肩が硬いと判断され

るからだと思います。それでは、「なぜ肩が硬くなる

のでしょうか?」それは、頭の位置と体の位置の関係

が大切になります。体を横から見たときに頭の位置が

体の真上に乗っているような状態が理想の位置としま

す。肩こりがひどい人の傾向は、頭の位置が若干、体

の位置より前に出てしまう状態になりがちです。

 

ちなみに横から見たときの体の重心線というものが、

あるのですが、重心線より頭の位置が5cm前に出る

だけで運動学的には、背骨の首から腰にかけて5〜

10kgの負担がかかるとも言われています。なので、

常に幼い子供を背中におぶって生活をしているよう

な状態とも言えます。

 

それが、生活動作で肩に負担がかかりやすい人が肩

の周りの筋肉が緊張して「肩がこった」状態を作り

出すのです。

 

                             

肩こりを根本改善するためには!?

                             

【生活】改善して仕事がはかどるビジネススーツの女性

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、何をすればいいのかが疑問になりますよ

ね? まず、初めにやることは頭の位置を重心から

ずらしてしまっている要因を探し出すことです。こ

れが、肩こりを作り出している「原因」と、考えて

も良いでしょう。その原因が見つかればその部分を

改善していくことで、かなり肩こりが軽減されると

思います。ただ、この原因については、人それぞれ

の生活習慣などによっても異なりますので、しっか

りと見極める必要があります。

 

                             

まとめ

                             

原因にアプローチできれば、ほぼ肩こりは改善して

きます。それをやって初めて肩の動きを改善したり

マッサージすることで、肩の柔軟性が戻ったりこら

なくなったりしてきます。

 

もし、あなたが長年の肩こりに悩まされているのな

ら原因へのアプローチが足りていないのかもしれま

せんね。

 

参考サイトはこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/katakori.html

                          

そろそろ変形性膝関節症の症状を

根本改善しませんか?

                          

DSC_3228

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ、「そろそろ」と書いたかというと、色々とリハビリ

や治療に通っているけれど、なかなか膝の痛みが変わらな

いという人が多いためです。医療機関で検査を受けて骨に

異常があると言う人もいますが、ほとんどの人が異常は見

当たらないけど「痛い」というパターンです。その場合、

、どのようなことが原因と考えられるかを簡単に解説して

いきますね。

 

                          

原因のパターン

                          

焼山の接骨院におみえになる人の原因のパターンで多いの

が、膝を動かす時に使う筋肉の運動パターンが変わってし

まい、本来の軌道(きどう)とズレて動いていることによ

り、負担を受けなくて良い場所に負担がかかったり、引っ

かからなくて良い場所に筋肉が引っかかったりして痛みが

出ているパターンです。そして、その軌道が変わる原因が

「膝以外」にある人が、ほとんどです。

 

                          

根本原因は「そこ!」

                          

【生活】改善して仕事がはかどるビジネススーツの女性

 

 

 

 

 

 

 

 

先ほど述べた、膝以外に原因があるということは、膝周辺

だけに一生懸命アプローチをしても、改善せずに「その場

しのぎ」になってしまうことが多いです。そのため、まず

変える必要があるのが膝以外にある「根本原因」に対する

アプローチです。そこが、変化すると同時に膝の悪影響を

正していくと、その場しのぎにならず、長い期間ラクな状

に安定します。

 

                          

まとめ

                          

あなたが、もしもこれまでに根本改善っぽい施術を受けて

いないとしたら、まだまだ改善の余地があると言えるでし

ょう。それなのに何も手を打たないのは非常にもったいな

いのと同時によくなるチャンスを自らの手で閉ざしてしま

っている可能性があります。

仮に自分の今の状態が、改善する余地があるのかも微妙だ

と思われている場合は、専門家にご相談ください。

あきらめないで根本改善を目指せば、あの頃の痛みのない

戻れるかもしれません。

 

参考サイトはこちら↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/hiza.html

                          

なぜ、むち打ちの後遺症が

残ってしまうのか!?

                          

193373

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むち打ちは正式には「外傷性頚部症候群」という名前がつ

いていて、交通事故などの際に衝撃に対して頚椎(首の骨

を守ろうとして首の筋肉が緊張したところを無理やり引っ

張られ部分断裂をしたり、靭帯が過度に引っ張られて部分

断裂などの損傷をした結果、首の痛み、肩こり、頭痛、神

経圧迫が増えることによる手のしびれやめまいなどの後遺

症として出てくると言われています。

 

                          

後遺症が残らないためには…

                          

上述した損傷は、ほとんどの場合に考えられ後に出てくる

症状も多くの人に共通して出てくることがあります。それ

では、それらの症状が後遺症として残らないためには、ど

うすれば良いか!

 

それは症状に対して出てくる筋肉の硬さや力の入りにくさ

関節の硬さなど、それぞれ出方は個人差があるとおもいま

すが、お一人お一人原因を見極めて、そこの根本改善をす

ることで後遺症に悩まなくて済みます。

 

                          

まとめ

                          

後遺症に悩まないようにするための方法は、いたってシン

プルのように思われたかもしれませんね。ただ、むち打ち

に限ったことではないですが、根本原因をつきとめ、その

部分が改善するようにアプローチすれば、後遺症に悩まさ

れることは無いでしょう(骨が折れて変形して治ってしま

ったことによる後遺症などは、今回は別問題とさせていた

だきます)。

 

参考サイトはこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/trafficaccident.html

                              

ぎっくり腰・湿布で鎮痛もいいですが

​根本改善してみませんか!?

                              

【腰痛】重い荷物を持ってギックリ腰になった女性

 

 

 

 

 

 

 

ぎっくり腰、何度も繰り返している人は上の写真を見ただけでも痛

みが蘇ってくるのではないでしょうか!? 経験したことがないから

想像がつかないという方も参考になれば幸いです。ぎっくり腰と聞

くと「一発」の刺激で急性腰痛を引き起こしてしまうというイメー

ジをお持ちになっている方が多い傾向です。

 

ただ、本当はそれまでの積み重ね、例えば体の手入れをしていなく

て硬くなっている状態や運動していなくて力を使っていないのに急

に力を使って関節や筋膜を痛めてしまうようなケースがほとんどで

 

                              

なぜ、鎮痛処置だけではいけないの?

                              

​鎮痛処置は、例えば湿布やお薬の役割でいうと細胞にあるポリモー

ダル受容器(侵害受容器)という部分に痛みを感じさせる発痛物質

(ブラジキニンやヒスタミンなど)が入り込むと脳に信号を送り痛

みとして認識させます。湿布やお薬は、その発痛物質を受容器に入

らせないように蓋をしてしまうことにより痛みを感じなくさせます。

 

ただ、痛みを感じなくは出来ますが発痛物質が出てしまう原因にな

っている、筋肉や関節の硬さまでは変えることはできません。実は

​ぎっくり腰の原因のほとんどが筋肉や関節の硬さが出ているにも関

わらず無理した結果、「突然痛くなったような感じ」で痛められる

ケースが多いのです。

 

                              

根本改善するためには!?

                              

【生活】改善して仕事がはかどるビジネススーツの女性

 

 

 

 

 

 

 

私たちマニュアルセラピスト(徒手療法家)がやれる部分は、発痛

物質が出る前段階の筋肉や関節を包む袋(=関節包)が硬くなり、

酸素欠乏の状態により引き起こされる硬さを取ることや硬さが出て

しまう要因にアプローチすることができます。そこを改善してあげ

ると発痛物質が出てしまう段階を未然に回避でき結果的に痛い思い

をしなくて済みますし、ぎっくり腰を経験しなくても済みます。

 

                              

まとめ

                              

ぎっくり腰をすでにやってしまったという場合も、なんか腰の疲れ

や違和感が出始めている気がするという場合も早めのケアとメンテ

ナンスをおすすめします。

 

鎮痛剤によって痛みの反応を一時的に抑えることも、時と場合によ

っては必要になってくると思います。

 

ただ、あなたが何度も同じ部分を痛めて苦むのが嫌だとお考えな

ら根本原因をしっかりさぐり真の原因をきとめ、そこを改善する

ことでラクな状態を取り戻すことをおすめします。焼山の接骨院

では同じような境遇の方が多く来院され顔を取り戻されています

。お気軽にお問い合わせください。

 

​参考サイトはこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/youtsuu.html
 

                              

ソフトな背骨矯正であなたの姿勢を改善!!

                              

【生活】ストレッチポールを使う女性

 

 

 

 

 

 

 

 

「ソフトなのに矯正ってできるの!?」という疑問を持たれる方も

多くいて、それほど「矯正」っていう言葉は、強力に無理やり形を

変えるようなイメージがあるのだなと実感します。ただ、ボキボキ

バキバキやらなくても矯正ができるなら、そちらの方がよくないで

すか!?もし、あなたが強力な矯正しか興味が無いのでしたら読み

進められ無い方がいいでしょう。強い施術が苦手な方はこのまま読

み進めてください。

 

                              

ソフトなのに矯正できる訳

                              

強力にやって形を変えるという整体のイメージをお持ちの方は非常

に多いのですが、人間の体には便利な機能が備わっていて「反射」

という反応があります。その反応が起きる時に体は元の状態に戻そ

うとする反応も同時に起きます。その反応を利用した施術によって

​焼山の接骨院では体を整えていきます。

 

そして、その時の施術は強い力で行うと防御反応に変わってしまい

変化してくれなくなります。そのためにソフトに施術を行います。

 

                              

もう一つ大切なこと

                              

【生活】改善して仕事がはかどるビジネススーツの女性

 

 

 

 

 

 

 

 

背骨の矯正は、骨を元の位置に戻しただけでは成果は半分です。ど

ういうことかと言うと、骨を動かす筋肉の問題や骨の位置の不正に

よって固まった関節の動きを戻す必要があるからです。「骨の位置」

「筋肉の状態」「関節の柔軟性」この3つを戻すことをしなければ

状態の改善は望めません。

 

                              

まとめ

                              

背骨の矯正をしっかり行い良い状態を維持するための施術を行いま

す。そうすることで、猫背や側湾症が気になったり、背中のハリや

痛みが気になる方の状態が改善されます。その時に、痛い思いをす

ることを選ばれるのか、反射を使ったソフトな施術を選ばれるのか

は自由です。焼山の接骨院では、形だけではなく根本原因を探し、

そこに対してアプローチすることを行います。そうする理由は、根

本原因が変われば再発しなくて済むというメリットがあるからです。

 

参考サイトはコチラ ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/kotuban.html

焼山の接骨院


愛知県名古屋市天白区
お怪我の際はお気軽にお越しください