ヘッダー

猫背の記事

                             

「猫背と腰痛」に関係する

意外な場所とは?

                             

310455

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上のイラストの真ん中の絵は猫背、右の絵は反り腰(

そりごし)の状態です。どちらにしても背骨にとって

は、あまり好ましくない状況です。猫背になると体の

重心線より頭の位置が5cm前に出てしまうだけで背骨

にかかる負担が運動学的に言っても5〜15kg増える

と言われています。

 

反り腰になっても過剰に腰を反らせるために腰の筋肉

が異常に緊張してしまい腰痛の原因になることがあり

ます。

 

そして、この二つの状況に関連してくる場所が、この

関節です。

 

                             

関連する関節の硬さの見方

                             

それは「股関節」です。この関節に関連する筋肉は、

たくさんあります。前後、内外と周りを強力な筋肉に

覆われている関節で一定方向の硬さの「クセ」がある

と色々な悪影響を及ぼしてしまう部分でもあります。

 

仰向けに寝て膝を90度に曲げて寝ていただき、足の

位置を(膝の位置は変えずに)体の中心より外にズラ

していき、そのズラせる範囲が少なければ少ないほど

腰のインナーマッスルと言われる大腰筋や腸骨筋が硬

い可能性があります。

 

                             

インナーマッスルに対する対処

                             

20150413_115355

 

 

 

 

 

 

 

20150413_115623

 

 

 

 

 

 

 

上の写真のように(左の)股関節の前側を反らせるタ

イプのストレッチを行うことで大腰筋が伸ばせます。

伸ばす時の注意点として、勢いをつけて伸ばすのでは

なく「じんわり、ゆっくり」10秒から20秒かけて伸

ばします。

 

また、下の写真のように股関節の後ろの筋肉(大臀筋

=だいでんきん)を伸ばすことも必要になります。こ

れも勢いをつけず、同じ秒数で行います。そして、も

う一つの注意として、膝を反対側の脇の下に向かって

膝を抱えるように股関節を体の方に向かって曲げてい

くと、より効果的になります。

 

                             

まとめ

                             

猫背や腰痛と聞くと、背骨の問題だけのように捉えら

れることが多い傾向ですが、股関節の問題が非常に大

きく関係してきたりします。もちろん、股関節がその

ように硬くなってしまう「原因」というものも色々と

その人によって違う部分が元で硬くなっていることが

あります。

 

今回は、股関節の前後の重要な筋肉について焦点を当

てて、お伝えしましたが、内外の筋肉や膝、足首の周

りの筋肉も猫背や腰痛に関連してきます。そのあたり

は、またの機会にお伝えしていきますね。

 

上記の写真のストレッチは、くれぐれも無理のない範

囲でやさしく行うようにしてくださいね。

 

猫背や腰痛のあなたの参考になれば ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/youtsuu.html

 

 

 

                             

猫背のストレッチと整体で姿勢改善①

                             

IMG_0495

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猫背のストレッチは、色々とやるべきことがあります

が、今回は、背骨に対しての一つの方法を、ご紹介さ

せていただきます。真似するのも簡単ですので無理の

ないように、やってみてください。まず上の写真のよ

うに体の後ろに手を回していただき、指を組みます。

 

IMG_0148IMG_0497

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、次に胸を張りながら肘をまっすぐに伸ばしま

す。肩甲骨をできるだけ背骨にくっつけるように胸を

張ります。この時、体が斜めに倒れたりしないように

気をつけてください。

 

IMG_0498

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、軽く(本当に軽〜く、と言うぐらいで)顔を

上に向けて、首が反るようにします。首を反ることで

一連の動きで反らされた背骨が、もうひと伸びするよ

うなイメージです。この格好で10〜20秒間ストレ

ッチをします。回数は、1回に2〜3回行っていただ

くと、良いでしょう。無理やりやらなければ何回やっ

ていただいても害になることはないので安心してくだ

さい。

 

                             

まとめ

                             

このストレッチで、すべての猫背の原因が改善するわ

けではありません。ただ、繰り返し行うことで、これ

まで『猫背って治るのかな!?』と、思ってしまって

いた人の背骨の硬さが緩和して、背骨を支える筋肉が

「うまく機能」しやすくなります。この「うまく…」

という部分が案外できていない人が多いため、「気付

いたら猫背」という状態になっていたりします。

 

そして、ストレッチを頑張ってやることで、ご自身で

整体を行っているような変化を生み出せます。

 

ただ、張り切りすぎて無理をするのも心配なので、強

引に胸を張ったり、首を強く反りすぎたりはしないよ

うに、ご注意ください。

 

参考サイトはこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/index.html

 

 

 

                              

猫背のストレッチって何をすればいいの?

                              

188510

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼山の接骨院を訪れる人の中でも多い悩みが「猫背って治るんです

か?」ということです。どういうことに気をつければいいのか!?と

いうこともよく聞かれます。ご自身で気をつけていただくことは、

ズバリ!「姿勢」です。「…でも、姿勢を気をつけようとしてもす

ぐに曲がっちゃうんです」というお答えがパターンのように帰って

きます。

 

                              

猫背にならないための工夫

                              

どうしても曲がってしまうという人にオススメしているストレッチ

があります。実は、答えは前の項目のイラストにあります。「えっ

!」と、思った人もいるかと思いますが、本当に猫背の人のストレ

ッチとして効果的なんです。イラストはラジオ体操っぽく描かれて

いますが、一つだけやってもらう時の違いがあります。それは、骨

盤に手を当てるまでは一緒ですが、その後に腕を振り上げて体を倒

す時に勢いをつけて何度もゆらす感じでやるのではなく、ゆっくり

と体の側面が伸びるのを意識して20秒間ほど筋肉を伸ばすように

止めていただきたいんです。それを両方3回ほど行ってください。

 

                              

横に倒すストレッチのメリット

                              

DSC_3157

 

 

 

 

 

 

 

 

背骨を前後に倒したり反ったりするストレッチの方法もありますし

有効だと思いますが、背骨の関節や椎間板にかかる圧力が上がりす

ぎて痛めやすいというデメリットがあります。その点、横に倒すス

トレッチの方法は関節や椎間板を痛めるリスクが減ります。そして

何度やっていただいても運動をやりすぎてオーバーワークで負傷す

るという心配もストレッチの場合はほぼありません(ただしキレイ

なフォームでやれていることが前提になります)。

 

                              

まとめ

                              

ストレッチをしっかりやりだすと、動きの範囲が増えて一時的に首

や背中、腰など背骨に関連した部分が違和感を感じる可能性があり

ます。柔軟性が体に馴染むと出てこなくなるので心配はないでしょ

う。ただ、柔軟体操だけでは、なかなか改善しないというあなたは

極度に体が硬いか、姿勢を保つ時に必要な筋力が落ちている可能性

があります。お気軽に焼山の接骨院にお問い合わせください。

 

姿勢を戻す時に必要な骨盤の傾きを矯正したい場合はこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/kotuban.html

                              

一瞬で姿勢を良くする方法

                              

【生活】笑顔のビジネススーツ女性

 

 

 

 

 

 

 

 

「一瞬で?」そんな風に思われるかもしれませんが、本当に一瞬な

のです。焼山の接骨院に訪れる方にお伝えしている方法は、一瞬で

姿勢を良い姿勢に保つことができます。その方法も簡単で、骨盤の

上のベルトのラインが「カギ」になります。体を横から見たときに

「重心線」という線がありまして、そこに幾つかの骨のポイントが

そろっていることが、キレイな姿勢を保つのにもプロポーションを

持するのにも役立ちます。

 

                              

キレイな重心線

                              

そもそもキレイな重心線って、どうなっていればキレイなのかとい

うことが大事ですよね。ポイントとしては「耳の穴」「肩甲骨の外

の骨(肩峰)」「股関節の外側の骨(大転子)」「膝のお皿の後ろ」

「外くるぶしの1cm程前」このポイントが立った状態で横から見た

ときに揃っている状態が、キレイに重心が整っていると言えます。

逆にこのポイントのどこかがズレているとバランスが悪く腰痛や肩

こり、膝の痛みなど関節に由来する痛みを出すこともあります。

 

                              

姿勢を良くするポイント

                              

【生活】改善して仕事がはかどるビジネススーツの女性

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、バランスが崩れたときに、どの部分を意識すれば姿勢が

よくなるか? それは骨盤の上の「ベルトのライン」です。このラ

インが立っている状態で横から見たときに地面に対して「水平」に

なっているかがポイントです。猫背気味で骨盤が後ろに倒れるタイ

プの人は、このラインの前側が天井の方向を向くように角度がつい

てしまいますし、反り腰で骨盤が前に倒れるタイプの人は、このラ

インの前側が下を向いてしまう角度になります。

 

水平を常に維持することを心がけていただくと、骨盤や背骨、肩の

位置が「自然」に整いキレイな姿勢になります。「たったこれだけ

…?」と思われたかもしれませんが、かなりの効果が期待できます。

 

                              

まとめ

                              

注意点として、背骨が曲がっていたり、反っていたりすると背筋側

や腹筋側のどちらかが張ってきたり力が入っている感じになります。

この状態が、腰痛や肋骨の動きを阻害して呼吸が浅くなり疲れやす

くなったり体の余分な症状を引き起こすことにもつながります。

 

「ちょうどいい姿勢」の時は、どちらにも張りや力の入った感じが

しないので、一時的に安定していないような感覚が出てきます。実

は、この感覚が大事でバランスが取れているからこそ力が入ってい

ない感覚になり実際の負担も少ない状態になっているのです。そし

て、疲労回復をしやすい状態の改善にも一役買います。

 

日頃から、姿勢を気にしているけどなかなか…という人は根本的に

骨盤を傾ける方向に引っ張る筋肉が硬いという問題があるかもしれ

ません。その際は、まず整体の施術でベルトのラインを地面と平行

に保ちやすく戻していく必要があります。お気軽に焼山の接骨院に

お問い合わせください。

 

参考サイトはこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/index.html

                              

ひどい肩こりで吐き気まで…

あなたは大丈夫ですか!?

                              

【頭痛】頭痛薬とにらめっこする女性(アップ)

 

 

 

 

 

 

 

 

肩こりと吐き気は「ピン!」と来る人と来ない人と大きく別れると

思いますが、吐き気で悩みたくないという方は読み進めてみてくだ

さい。そもそも「肩こりと吐き気ってどのようなメカニズムで関係

してくるの?」という疑問が湧いてきませんか!?

 

                              

関係するメカニズム

                              

はじめに言っておくと肩こりと吐き気に関係するメカニズムは一つ

ではありません。その中でも特に焼山の接骨院に訪れる人の傾向が

多いものをご紹介します。まずは、姿勢が大きく関与します。特に

背骨が前に曲がって猫背気味になっていたり若干曲がっていたり、

長時間デスクワークをしていると曲がってきたり… 今度は、背中

が曲がることによって肩の位置が前に移動します。前に移動すると

胸の筋肉(大・小胸筋)や肋骨の横にある前鋸筋、肺の下の横隔膜

などが縮んでしまいます。そのことによって、それらの下にある胃

が物理的に圧迫を受けたり、空間が狭くなったりします。

 

                              

空間が狭くなると…

                              

圧迫によって働きが悪くなったり、食道から胃に繋がる途中の横隔

膜の食道を通す穴(食道裂孔)が狭まることで胃酸が逆流しやすい

ような状況にもなります。おそらく、それが原因で「吐き気」を催

している人が焼山の接骨院には多く訪れている傾向です。

 

それと同等ぐらいに多い傾向は「鎮痛剤」を多用していることによ

り胃壁が荒れてしまっているタイプの人です。肩こりがひどいあま

りに鎮痛剤を常用した結果、胃が荒れて吐き気が出ているタイプで

す。

 

                              

まとめ

                              

DSC_3151

 

 

 

 

 

 

 

 

​どちらにしても狭くなった空間は広げていく必要があります。その

ためには肩だけもんで何とかしようとしても上手くいきません。肩

や背骨、腕、肋骨などの位置を上手く元の位置に戻していくような

働きかけが必要になります。そして、同じ吐き気が出ている人でも

原因は、それぞれ違う所にあったりします。あなたにはあなたに必

要なアプローチの仕方があります。肩こりによる吐き気でお悩みな

らお気軽に焼山の接骨院にお問い合わせください。

 

参考サイトはこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/katakori.html

焼山の接骨院


愛知県名古屋市天白区
お怪我の際はお気軽にお越しください