ヘッダー

筋膜の記事

                             

ひどい肩こりで横を向くのも辛い

                             

6d2de2851c039ce7f2adf41e9a5c2de1_s

 

 

 

 

 

 

 

 

首や肩の筋肉が硬くなりすぎて頚椎(首の骨)の捻れ

る動きが悪くなっているタイプの方は振り向く動きが

悪くなり、痛みも伴います。

 

発生する要因として、長時間のデスクワークや運転な

どの影響で出ている人が多い傾向です。あなたの職業

は、首に負担がかかりそうな内容ですか?

 

                             

対策として

                             

健康関連の番組を見ていて、たまに「怖いなぁ〜」と

思う対処法を見かけることがあります。どんな方法か

というと『首をグルグル回す』『肩をグルグル回す』

方法です。私の20年近い施術経験で、この方法で肩

こりが善くなった人を一人も見たことがない!と言っ

てもいいぐらい効果が出ていません。しかも、やりす

ぎて余計に痛くなってしまうケースさえみます。

 

なぜ、回すといけないのか?

 

それは、特に硬くなって引っ掛かりを感じるような動

きがある場合、引っかかって負担があるところを無視

して動かすことで、筋肉の防御反応が働いてしまいま

す。そうすると体操中はラクな感じがしても、時間が

経つとコリがひどくなるという悪循環を起こします。

 

                             

肩こりにはこの体操を!

                             

20150401_115559

20150401_115605

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一例を紹介すると左の写真のように指を組んで、腕を

上にあげます。そして、次に右の写真のように肩をす

くめるような形で上に腕を突き上げるようにします。

その姿勢を、3〜5秒間保っていただいて「ゆっくり」

下ろすようにします。それを5〜10回繰り返します。

 

この動きは、肩甲骨を上下に動かしたり、肩甲骨にく

っつくたくさんの筋肉を覆っている筋膜のストレッチ

効果が期待できます。そして、動きや血液の循環が変

わることで肩こりの解消へとつながっていきます。

 

                             

まとめ

                             

体操は一例であり、肩の関節が痛くて腕が上がらない

タイプの人にはあまりお勧めできませんので、ご注意

ください。他の体操もたくさんありますが、ページの

大きさの都合上、すべてを紹介することができません

ので、またの機会に紹介させていただきますね。

 

くれぐれもグルグル回すタイプの体操を控えていただ

き、あなたの「ひどい肩こり」が早く回復することを

お祈りします。最後までお読みいただき、ありがとう

ございました。

 

参考サイトはこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/katakori.html

 

 

 

                             

産後の抱っこで腕がしびれる…

辛いですね

                             

4f07235f1fbc09079d1a232e973dc32b_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

産後の育児は、睡眠不足や長時間の授乳、抱っこなど

が続くことで疲労が重なってきて大変ですね。その上

腕がしびれて辛くなってくると泣きたくなっちゃう…

と、おっしゃる方も多いです。

 

あなたは、そんなお悩みないですか?

 

                             

腕のしびれの原因

                             

原因はいくつか考えられます。ざっくり言うと、腕に

着く神経の圧迫がどこかで出ているケース、血管の圧

迫がどこかで起きているケース、筋膜の緊張が強くな

りリンパ液や他の細胞外を満たしている液体の流動が

上手くいっていないケース、などがあります。

 

産後の育児中に見られるケースは、筋膜の緊張による

もので、出ている場合が多いように思います。

 

                             

なぜ、筋膜が緊張するのか?

                             

 【手首・肘】肘が痛み押さえる女性(アップ)

 

 

 

 

 

 

 

緊張する原因に多いのが、お子さんの横に添い寝をし

ていて、腕が圧迫し続けたり、寝かしつけようとして

ポンポン体を軽くたたくように使っていて疲労による

緊張だったり、授乳時の腕の格好が変な角度のまま、

やり続けて、その後で筋膜の緊張が強く出て、腕がパ

ンパンでしびれも伴っている、という状態です。

 

そういう原因が考えられるために実際にそういう状況

がるのなら上記の原因になることを工夫したり、逆の

ことをしてあげればラクになります。

 

                             

まとめ

                             

育児中で何かと忙しく、ついつい我慢を強いられるよ

うなことって多いですよね。なかなか、お子さんもい

て、改善したいけど時間が取れなかったり、預けると

ころがないから…と、諦めがちになりますね。

 

ただ、この頃は産後の対応をしている治療院も増えて

いますのでインターネットなどで探して、お近くの治

療院で見てもらうのもいいと思います。

 

その前に、長時間の抱っこなどで姿勢が崩れてしまう

ケースもありますので、まずは悪い姿勢になっていな

いかのチェックと、その改善として良い姿勢を意識す

ることが大切になります。無理のないように試してく

ださいね。

 

参考サイトはこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/sango.html

 

 

 

                             

頭痛・めまい・ふらつきに困ったら

頭蓋骨調整を

                             

【めまい】めまいを起こす女性(アップ)

 

 

 

 

 

 

 

 

頭痛・めまい・ふらつきなどは、併発して症状が出て

いるケースが多いですが、あなたはいかがですか?

どれかに当てはまっていて、精密検査などで医師の診

断上も特に異常は見当たらない、そんな場合に関係し

てくる可能性が高いのが頭蓋骨の問題です。それでは

具体的にどんなことが問題になるのでしょう!?

 

                             

頭蓋骨は分解すると23個の

骨の集まり

                             

表題のように、頭蓋骨は解剖学的に継ぎ目の名残りの

部分を離していくと23個の骨に分解できると言われ

ています。そして、今回関係してくるのが、その骨同

士の継ぎ目に当たる部分の動きです。

 

「頭蓋骨の動き?」あまり馴染みのない言葉かもしれ

ませんが、アメリカ発祥の医療であるオステオパシー

という医学の観点からすると、ちゃんと動いています

よ、ということが立証されています。

 

この部分の動きに不具合があると頭痛やめまい、ふら

つきなどに悩まされることになりかねません。

 

                             

ソフトな無痛頭蓋骨調整で改善

                             

DSC_3342

 

 

 

 

 

 

 

 

頭蓋骨の調整法は、世界各国いろんな方法があります

がお隣の国の「コルギ」などは、かなり強烈で涙が出

るほど痛い思いをするようです。

 

オステオパシーの原理を利用した方法を行うとどうか

というと、かなりソフトな刺激で焼山の接骨院で頭蓋

骨調整を受けている方は、途中で眠ってしまうぐらい

ソフトな刺激で痛いということはありません。

 

逆に強い刺激を加えすぎると骨や筋肉を覆う膜、骨膜

(こつまく)や筋膜(きんまく)の防御反応が起こり

かえって硬く緊張してしまい調整ができなくなります。

 

                             

まとめ

                             

頭蓋骨の調整で​、具体的に何をするのかというと、例

えば、こめかみの骨(蝶形骨:ちょうけいこつ)と後

頭部の骨(後頭骨:こうとうこつ)の合わさっている

部分(半分関節のような場所)の前後左右や回旋とい

ったねじれの動きの問題を解消します。

 

逆に言うと、その場所に不具合があると表題のような

症状に悩まされる可能性が高くなります。そして、そ

れに関連した別の骨の合わさりの部分の調整なども行

います。

 

そうすることで長年悩まされていた頭痛やめまい、ふ

らつきなどが改善するケースは多いです。脳に明らか

に異常があって症状が出ているような場合は、専門の

医師に相談してくださいね。

 

もし、とりわけ異常が見つからない場合は、頭蓋骨の

調整が良い結果をもたらす可能性が高いです。

 

参考サイトはこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/

 

 

 

                             

あなたの足のしびれの原因と腰痛は

無関係かも…

                             

【脚・ひざ】足の悩みで部屋にこもりがちな女性

 

 

「えっ!」腰痛が出るから、しびれるんじゃないの?

そのように思われる方も多いと思います。足がしびれ

て調子も悪くて病院に行くと、ほとんどの場合、腰の

レントゲンを取られると思います。そして、しびれが

ある場合は、腰から足にかけて出ている神経が腰の部

分で圧迫されている可能性があって、しびれが出るの

です、と説明を受けているのではないでしょうか?

 

                             

しびれの原因はいくつかあります

                             

足のしびれの原因は、いくつか考えられます。例えば

皆さんも経験したことがあるんじゃないでしょうか?

正座を長くしていてしびれが切れる…なんてこと。こ

れは、足の血液の循環が、足が自分のお尻で圧迫され

続けて悪くなっている状態で、血液に乗って運ばれる

はずの酸素や栄養分が不足してしまうことによって起

こるしびれです。この他にも、筋膜の不調によってリ

ンパ液や細胞の外を満たしている細胞外液の流れが滞

ることによって、しびれの症状を感じさせる現象もあ

ります。

 

                             

しびれの対応も十人十色

                             

【生活】前屈のストレッチをする女性

 

 

 

 

 

 

 

 

先に述べたように、しびれの出方は一つではありませ

ん。そのために、しびれのある人全員に同じアプロー

チをしていても解決できるのは数分の一の確率と言っ

てもいいでしょう。本当に解決するためには、一人一

人の状態をしっかりと見て、その状態に合う解決法を

選ばなければ、なんの変化も生み出せません。

 

                             

まとめ

                             

しびれの中でも、どうしようもない状態のものも、も

ちろんあります。ただ、ちょっとアプローチの方法を

変えることで、「あれっ!?」と言うぐらいにラクに

なってしまう状況の「しびれ」もあります。たとえそ

れが数十年来のしびれでもです。もし、あなたが今ま

でに、しびれに対するアプローチを数例しか試してい

なくて改善していない状況なら、まだ、あきらめなく

ても大丈夫かもしれません。一度、方法を変えてみる

ことをお勧めします。

 

焼山の接骨院オフィシャルサイトはこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/

 

 

 

 

                          

骨盤矯正とストレッチで

あなたの不調を改善

                          

【生活】前屈のストレッチをする女性

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたはご存知でしたか?頭痛、肩こり、腰痛、膝の痛み

や内臓に関連する不調など骨盤の位置が関係しているとい

うことを!? 前に整体で聞いたことがあるという人もあ

ると思いますし、初めて聞いて興味があるという人もいる

のではないでしょうか。骨盤と肩こりや頭痛、内臓…とな

んとなく場所も遠いし「関係あるの?」と思われたかもし

れませんね。

 

                          

骨盤と身体の関係

                          

骨盤はそもそも何かと言うと人間の身体を家に例えると、

「土台」や「基礎」の部分にあたります。そこに、前後左

右のバランスを保ちながら背骨が載っています。さらに背

骨の上には頭蓋骨が載っていたり背骨の横には肋骨が付い

ていて、さらには肩甲骨、腕へとつながります。背骨の中

には脊髄という脳から下に降りてくる神経を木に例えると

幹の部分が収納されています。

 

そして、その土台が傾いたり捻れたりすれば、その上に乗

っている上述した部分に影響が出てくることもなんとなく

想像できるのではないでしょうか。

 

                          

傾く悪影響に対して

                          

【生活】部屋でホームページを見る女性

 

 

 

 

 

 

 

 

骨盤が左右に傾くと、そこから肋骨や足の方に向かう筋肉

の付着する位置の距離が変わってしまうために、その間の

筋肉の距離も縮められたり伸ばされたりします。筋肉は、

特性として縮まっていると固まりますし、伸ばされたまま

の状態が続くと力が入りにくくなってしまいます。

 

そして、そのような状態をまず改善していくために何が必

要かというと「骨盤矯正」なのです。基礎の部分を整えて

付随する背骨や筋肉を整えてバランスを戻していけば余分

な負担がかかりにくくなり痛みが出ないというふうになり

ます。

 

                          

まとめ

                          

骨盤が傾くのは筋肉が硬くなった影響や筋肉や内臓を覆う

「筋膜」が硬くなったことも影響します(筋膜については

また別の機会に紹介させていただきます)。それを緩める

作用があるのがストレッチになります。色々な方法や伸ば

す場所の違いもありますが、まずは一般的な上の写真の様

なストレッチからはじめていただくと良いでしょう。自分

自身の身体に合わせて行うストレッチを知りたい場合は、

専門家にご相談ください。

 

参考サイトはこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/kotuban.html

焼山の接骨院


愛知県名古屋市天白区
お怪我の際はお気軽にお越しください