ヘッダー

肩甲骨の記事

                             

眠れないほどの肩こりを

改善するには

                             

206725ea39f32c0b4423d1fea5235226_s

 

 

 

 

 

 

 

 

肩こりでお悩みの方は非常に多いですが、その中でも

「眠れないほど辛い」という方もいて、不眠で顔色も

悪く、元気もなくなり目の下にクマもできていたりで

見ていて、こちらまで辛くなってきます。

 

なぜ、眠れなくなってしまうと思いますか?

 

                             

眠れなくなってしまう理由

                             

眠れなくなる理由は、いくつかあると思いますが、一

番多いと感じるのは、筋肉の緊張が強すぎて寝ている

格好になっていても肩が上に挙がったままでリラック

スできないために眠れていないというタイプが多いよ

うです。

 

常に緊張状態が続くと「交感神経」が優位に働いてい

て、大げさに言うと常に運動をしているような状態に

なります。運動しながら「眠る」って出来ないですも

んね。

 

                             

眠れるようになるためには

                             

5baa675ab88a4f33ea9692d91ecc7a16_s

 

 

 

 

 

 

 

 

上述しているように、緊張状態が問題になります。そ

れでは何をすれば良いかというと「リラックス状態」

を作ることです。単純に思えるかもしれませんが、こ

の方法が良い状態に導いてくれるでしょう。ちなみに

どのような方法かというと下の写真を参考にしてくだ

さい。

IMG_0148

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真のように指を組んだ状態で胸を張ります。そして

軽く上を向いて頂き10秒から20秒維持します。こ

の動きによって肩甲骨の内側、外側、上下の筋肉がス

トレッチされます。緊張状態が続いている場合は、ほ

とんどの場合が肩甲骨周りの筋肉の緊張が強くなって

います。(注意:強引に強くやりすぎないように!)

 

                             

まとめ

                             

今回は、リラックス状態を作るということに対しての

方法を紹介しましたが、別の原因で眠れなくなってい

ることも原因として考えられる場合もあります。その

時は、ご紹介した方法がきかないこともあります。

 

状態がなかなか改善しない場合は、専門家に相談して

いただき、状態に合わせた方法を教えていただくと良

いでしょう。

 

今回紹介した体操も、やって急に100の悪い状態が

0(ゼロ)になるわけではございません。何度も繰り

返し優しく行っていただくことをお勧めします。

 

 

 

                             

ひどい肩こりで横を向くのも辛い

                             

6d2de2851c039ce7f2adf41e9a5c2de1_s

 

 

 

 

 

 

 

 

首や肩の筋肉が硬くなりすぎて頚椎(首の骨)の捻れ

る動きが悪くなっているタイプの方は振り向く動きが

悪くなり、痛みも伴います。

 

発生する要因として、長時間のデスクワークや運転な

どの影響で出ている人が多い傾向です。あなたの職業

は、首に負担がかかりそうな内容ですか?

 

                             

対策として

                             

健康関連の番組を見ていて、たまに「怖いなぁ〜」と

思う対処法を見かけることがあります。どんな方法か

というと『首をグルグル回す』『肩をグルグル回す』

方法です。私の20年近い施術経験で、この方法で肩

こりが善くなった人を一人も見たことがない!と言っ

てもいいぐらい効果が出ていません。しかも、やりす

ぎて余計に痛くなってしまうケースさえみます。

 

なぜ、回すといけないのか?

 

それは、特に硬くなって引っ掛かりを感じるような動

きがある場合、引っかかって負担があるところを無視

して動かすことで、筋肉の防御反応が働いてしまいま

す。そうすると体操中はラクな感じがしても、時間が

経つとコリがひどくなるという悪循環を起こします。

 

                             

肩こりにはこの体操を!

                             

20150401_115559

20150401_115605

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一例を紹介すると左の写真のように指を組んで、腕を

上にあげます。そして、次に右の写真のように肩をす

くめるような形で上に腕を突き上げるようにします。

その姿勢を、3〜5秒間保っていただいて「ゆっくり」

下ろすようにします。それを5〜10回繰り返します。

 

この動きは、肩甲骨を上下に動かしたり、肩甲骨にく

っつくたくさんの筋肉を覆っている筋膜のストレッチ

効果が期待できます。そして、動きや血液の循環が変

わることで肩こりの解消へとつながっていきます。

 

                             

まとめ

                             

体操は一例であり、肩の関節が痛くて腕が上がらない

タイプの人にはあまりお勧めできませんので、ご注意

ください。他の体操もたくさんありますが、ページの

大きさの都合上、すべてを紹介することができません

ので、またの機会に紹介させていただきますね。

 

くれぐれもグルグル回すタイプの体操を控えていただ

き、あなたの「ひどい肩こり」が早く回復することを

お祈りします。最後までお読みいただき、ありがとう

ございました。

 

参考サイトはこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/katakori.html

 

 

 

                             

猫背のストレッチと整体で姿勢改善①

                             

IMG_0495

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猫背のストレッチは、色々とやるべきことがあります

が、今回は、背骨に対しての一つの方法を、ご紹介さ

せていただきます。真似するのも簡単ですので無理の

ないように、やってみてください。まず上の写真のよ

うに体の後ろに手を回していただき、指を組みます。

 

IMG_0148IMG_0497

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、次に胸を張りながら肘をまっすぐに伸ばしま

す。肩甲骨をできるだけ背骨にくっつけるように胸を

張ります。この時、体が斜めに倒れたりしないように

気をつけてください。

 

IMG_0498

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、軽く(本当に軽〜く、と言うぐらいで)顔を

上に向けて、首が反るようにします。首を反ることで

一連の動きで反らされた背骨が、もうひと伸びするよ

うなイメージです。この格好で10〜20秒間ストレ

ッチをします。回数は、1回に2〜3回行っていただ

くと、良いでしょう。無理やりやらなければ何回やっ

ていただいても害になることはないので安心してくだ

さい。

 

                             

まとめ

                             

このストレッチで、すべての猫背の原因が改善するわ

けではありません。ただ、繰り返し行うことで、これ

まで『猫背って治るのかな!?』と、思ってしまって

いた人の背骨の硬さが緩和して、背骨を支える筋肉が

「うまく機能」しやすくなります。この「うまく…」

という部分が案外できていない人が多いため、「気付

いたら猫背」という状態になっていたりします。

 

そして、ストレッチを頑張ってやることで、ご自身で

整体を行っているような変化を生み出せます。

 

ただ、張り切りすぎて無理をするのも心配なので、強

引に胸を張ったり、首を強く反りすぎたりはしないよ

うに、ご注意ください。

 

参考サイトはこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/index.html

 

 

 

                          

骨盤矯正とストレッチで

あなたの不調を改善

                          

【生活】前屈のストレッチをする女性

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたはご存知でしたか?頭痛、肩こり、腰痛、膝の痛み

や内臓に関連する不調など骨盤の位置が関係しているとい

うことを!? 前に整体で聞いたことがあるという人もあ

ると思いますし、初めて聞いて興味があるという人もいる

のではないでしょうか。骨盤と肩こりや頭痛、内臓…とな

んとなく場所も遠いし「関係あるの?」と思われたかもし

れませんね。

 

                          

骨盤と身体の関係

                          

骨盤はそもそも何かと言うと人間の身体を家に例えると、

「土台」や「基礎」の部分にあたります。そこに、前後左

右のバランスを保ちながら背骨が載っています。さらに背

骨の上には頭蓋骨が載っていたり背骨の横には肋骨が付い

ていて、さらには肩甲骨、腕へとつながります。背骨の中

には脊髄という脳から下に降りてくる神経を木に例えると

幹の部分が収納されています。

 

そして、その土台が傾いたり捻れたりすれば、その上に乗

っている上述した部分に影響が出てくることもなんとなく

想像できるのではないでしょうか。

 

                          

傾く悪影響に対して

                          

【生活】部屋でホームページを見る女性

 

 

 

 

 

 

 

 

骨盤が左右に傾くと、そこから肋骨や足の方に向かう筋肉

の付着する位置の距離が変わってしまうために、その間の

筋肉の距離も縮められたり伸ばされたりします。筋肉は、

特性として縮まっていると固まりますし、伸ばされたまま

の状態が続くと力が入りにくくなってしまいます。

 

そして、そのような状態をまず改善していくために何が必

要かというと「骨盤矯正」なのです。基礎の部分を整えて

付随する背骨や筋肉を整えてバランスを戻していけば余分

な負担がかかりにくくなり痛みが出ないというふうになり

ます。

 

                          

まとめ

                          

骨盤が傾くのは筋肉が硬くなった影響や筋肉や内臓を覆う

「筋膜」が硬くなったことも影響します(筋膜については

また別の機会に紹介させていただきます)。それを緩める

作用があるのがストレッチになります。色々な方法や伸ば

す場所の違いもありますが、まずは一般的な上の写真の様

なストレッチからはじめていただくと良いでしょう。自分

自身の身体に合わせて行うストレッチを知りたい場合は、

専門家にご相談ください。

 

参考サイトはこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/kotuban.html

                              

肩こりで肩甲骨が痛いという

タイプのあなたへ

                              

【肩こり】つらい肩こり女性のイメージ

 

 

 

 

 

 

 

 

肩こりにも色々タイプがありますが、あなたはどのタイプですか

​①首筋がきになるタイプ ②首から肩の間が気になるタイプ

③首から背骨にかけて気になるタイプ ④肩甲骨が痛いタイプ

などなど、おおざっぱに分けると4つのタイプにわかれます。

どのタイプの肩こりにも共通点があります。それは、肩甲骨の可動

域が少なくなってしまうということです。

 

                              

なぜ、肩甲骨の動きが悪いと

肩がこるのか!?

                              

肩甲骨には首から降りてくる筋肉、背骨から横に広がってつく筋肉

腰の横から腕にかけてつく筋肉が肩甲骨にも着いていたり、肩甲骨

の突起(烏口突起)が肋骨の上側に出ていて、そこから肋骨に着く

筋肉あります。関節は肋骨の上を滑って動く肩甲胸郭関節や腕の骨

との肩甲上腕関節、鎖骨とできた肩鎖関節があります。このように

いくつもの筋肉や関節に肩甲骨が関係します。

 

その肩甲骨がどちらの方向に動きが悪くなっても、どこかの筋肉や

関節に悪影響を及ぼすのですが、特に多いのが肩こりといっても良

いでしょう。そして、そのうちの一つに肩甲骨が痛むタイプの肩こ

りも入ります。

 

                              

肩甲骨が痛むタイプの肩こりの改善法

                              

DSC_3196

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、肩甲骨には色んな方向から筋肉がくっつくのですが、その筋

肉を覆っている筋膜と他の筋肉を覆う筋膜が連結をしている場所も

肩甲骨だったりします。そこの動きが上手くいかないと痛みが出て

しまいます。ということは、動きを上手くいくようにすれば痛みが

減少するということです。この時に肩甲骨を背骨に寄せたり離した

りという運動や胸を張って肩甲骨を上下にする運動などが有効にな

ります。回数は一つの動きを3秒間保持して戻す運動を繰り返し10

回を、ゆっくりと行ってください。

 

                              

まとめ

                              

注意事項としては、巷でよく言われている肩をグルグル回す運動は

オススメしていません。先ほど述べた肩甲骨の運動法とは合わない

ばかりかグルグル回すことで、二次的な被害を起こしかねないので

注意してください。そして、肩甲骨周りの筋肉が極度に硬いタイプ

の人もおみえになります。残念ながら、その場合はまず施術により

肩甲骨の周りの筋肉の緊張を取っていく必要があります。もし、あ

なたが、そのような状態ならお気軽に問い合わせください。

 

肩甲骨が痛いタイプの肩こりの人はこちらに ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/katakori.html

焼山の接骨院


愛知県名古屋市天白区
お怪我の際はお気軽にお越しください