ヘッダー

背骨の記事

                             

背骨の歪みを矯正する

3つのメリット

                             

d07fafd71a558822453604b4d71bea56_s

 

 

 

 

 

 

 

 

背骨の歪みや矯正って聞くと「ボキボキ」されて痛い

んじゃないの!? そのような心配をされる方も多い

と思いますが、安心してください。矯正はボキボキす

る方法ばかりではありません。

 

そして、矯正を行うことのメリットがあります。

1つ目は、姿勢が正されて背骨の中に入っている脊髄

(神経を機に例えると幹の部分)の働きが向上し、体

の調子が整う。

 

2つ目は、背骨と肋骨でできている関節の可動性が増

して、1回の呼吸の量が増える。増えることで酸素を

取り込む量も増え、新陳代謝の向上につながる。

 

3つ目は、背骨のバランスが改善することで、崩れて

いた時に余分に使っていた筋肉の負担が減り、痛めて

いたところの回復が進みやすくなる。

 

この他にもメリットは、ありますがザッとあげるとこ

のような感じです。

 

                             

慢性的に背中の不調が気になる…

                             

慢性的に背中(首から腰にかけて)の不調を感じてい

るのなら背骨のどこかの高さにねじれや前後左右にス

ライドするような形でずれていることが想像できます。

 

その部分でバランスを崩し、各々の動きによって負担

のかかるところに痛みや違和感が発生します。そのよ

うな症状を感じている場合はマッサージなどで筋肉を

揉んでいるだけでは、なかなか改善が見込めないでし

ょう。

 

                             

まとめ

                             

マッサージで改善しない理由として、ねじれを発生さ

せている原因には働きかけていないため、揉まれて気

持ち良くはなっても根本的には変化が望めません。

 

また、ねじれが出てしまうこと自体にも原因がありま

す。その辺りは、またの機会に更新する記事の中で、

お伝えする予定です。

 

もし、あなたが慢性的な背中の症状に悩まされている

のでしたら、お近くの整体院や治療院でご相談いただ

くことをお勧めします。

 

 

 

                             

「猫背と腰痛」に関係する

意外な場所とは?

                             

310455

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上のイラストの真ん中の絵は猫背、右の絵は反り腰(

そりごし)の状態です。どちらにしても背骨にとって

は、あまり好ましくない状況です。猫背になると体の

重心線より頭の位置が5cm前に出てしまうだけで背骨

にかかる負担が運動学的に言っても5〜15kg増える

と言われています。

 

反り腰になっても過剰に腰を反らせるために腰の筋肉

が異常に緊張してしまい腰痛の原因になることがあり

ます。

 

そして、この二つの状況に関連してくる場所が、この

関節です。

 

                             

関連する関節の硬さの見方

                             

それは「股関節」です。この関節に関連する筋肉は、

たくさんあります。前後、内外と周りを強力な筋肉に

覆われている関節で一定方向の硬さの「クセ」がある

と色々な悪影響を及ぼしてしまう部分でもあります。

 

仰向けに寝て膝を90度に曲げて寝ていただき、足の

位置を(膝の位置は変えずに)体の中心より外にズラ

していき、そのズラせる範囲が少なければ少ないほど

腰のインナーマッスルと言われる大腰筋や腸骨筋が硬

い可能性があります。

 

                             

インナーマッスルに対する対処

                             

20150413_115355

 

 

 

 

 

 

 

20150413_115623

 

 

 

 

 

 

 

上の写真のように(左の)股関節の前側を反らせるタ

イプのストレッチを行うことで大腰筋が伸ばせます。

伸ばす時の注意点として、勢いをつけて伸ばすのでは

なく「じんわり、ゆっくり」10秒から20秒かけて伸

ばします。

 

また、下の写真のように股関節の後ろの筋肉(大臀筋

=だいでんきん)を伸ばすことも必要になります。こ

れも勢いをつけず、同じ秒数で行います。そして、も

う一つの注意として、膝を反対側の脇の下に向かって

膝を抱えるように股関節を体の方に向かって曲げてい

くと、より効果的になります。

 

                             

まとめ

                             

猫背や腰痛と聞くと、背骨の問題だけのように捉えら

れることが多い傾向ですが、股関節の問題が非常に大

きく関係してきたりします。もちろん、股関節がその

ように硬くなってしまう「原因」というものも色々と

その人によって違う部分が元で硬くなっていることが

あります。

 

今回は、股関節の前後の重要な筋肉について焦点を当

てて、お伝えしましたが、内外の筋肉や膝、足首の周

りの筋肉も猫背や腰痛に関連してきます。そのあたり

は、またの機会にお伝えしていきますね。

 

上記の写真のストレッチは、くれぐれも無理のない範

囲でやさしく行うようにしてくださいね。

 

猫背や腰痛のあなたの参考になれば ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/youtsuu.html

 

 

 

                             

ダイエットの前に骨盤周りの
整体はお済みですか?

                             

80b2916e31bc53122a7337ce8c2462dd_s

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイエットと骨盤矯正や整体って今でこそよく聞くワ

ードになってきましたが、あなたはご存知でした?

「知っています」というあなたも「知りません」とい

うあなたも興味があれば読み進めてみてください。

 

なぜ、ダイエットを始める前に骨盤周りの整体が必要

になってくるかもご存知ですか?

 

                             

整体と新陳代謝

                             

新陳代謝の概念として、ネットで調べると『生物体が

生存に必要な物質を体内に取り入れ、用済みとなった

古い物質を体外に出す現象。物質代謝』と出てきます。

 

ダイエットには上記の要素が欠かせません。

 

ただ、それを阻害してしまう要因と整体の必要性が関

連してくるのです。どういうことかと言うと、一例を

あげると骨盤と内臓の関係です。

 

                             

骨盤の傾きと胃腸の働き

                             

330478

 

 

 

 

 

 

 

 

 

骨盤の前には胃や小腸、大腸などがあります。「整体

の必要な骨盤の状態」というのが、骨盤が前後に傾い

てしまったり左右に倒れてしまった状況を指します。

例えば、骨盤が後ろに倒れると体が「くの字」に曲が

ってしまいます。曲がったことにより中にある胃腸の

圧迫が起こり栄養の吸収が上手くいかなくなります。

 

吸収が、上手くいかなくなると、体に「栄養を蓄えて

おこう」という反応が出てきます。その結果、お腹周

りの脂肪組織が増えてしまいます。このサイクルを変

えていないとダイエットは上手くいきません。そのた

め、このサイクルを変えるためにも整体でくの字の状

態にならないように戻しておく必要があるのです。

 

                             

まとめ

                             

以上のような部分の影響は、ほんの一例ですが、代謝

が悪くなっている状態です。古いもの(脂肪)が蓄積

してしまうことも代謝が落ちている状態なのです。他

にも背骨が曲がっているために神経の働きが悪くなり

代謝が落ちたり、呼吸が浅くなったりなどなど、ダイ

エットを邪魔してしまう要素を「整体」により変えて

いくことができます。

 

もし、あなたがダイエットにチャレンジしてもなかな

か改善が見られずに何度も諦めていた、というような

過去があるとしたら、一度お近くの整体院に相談され

ると良いかもしれません。

 

整体も色々ありますのでご参考に ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/kotuban.html

 

 

 

                             

顎がカクカク鳴るし痛い原因は?

                             

【生活】パソコンを見て顔をしかめる女性

 

 

 

 

 

 

 

 

顎関節(がくかんせつ=アゴの関節)が口を動かすた

びに「カクカク」と音がなり痛みを伴う方や痛みは出

ないけど音がきになるという方がお見えになります。

歯科の分野でいうと歯の問題が影響している場合があ

りますが、それらの原因を除くと背骨の問題が大きく

影響していることがあります。

 

「背骨」と「顎(あご)」?と、疑問を持たれた方や

興味がある人は、読み進めてくださいね。

 

                             

顎と背骨の関係

                             

まず、あごの関節が、どのようにできているかを簡単

に説明すると耳の穴の前で、上顎の部分と、下顎の骨

が関節を作っている部分があります。そこを触りなが

ら口を開け閉めしていただくとよくわかると思います。

 

上顎の関節の部分がポイントになります。その関節は

側頭骨(そくとうこつ)という骨で、左右両サイドに

あります。そして、その間に後頭骨(こうとうこつ=

後頭部の骨)があります。これがさらに大事になりま

す。

 

後頭骨が首の一番上の骨(第一頚椎:けいつい)の上

に乗っている形で頭と首の関係が成り立っています。

この間に張っている筋肉が重要になります。この筋肉

が左右偏って硬く縮むと後頭骨が傾きます。そして、

それに伴って側頭骨も傾く結果になります。

 

                             

側頭骨が傾くと…

                             

側頭骨が傾くと、顎の関節の合わさりに傾きが出てし

まい下顎の骨の動きが窮屈になります。この時にカク

カク音がなったり、痛みを感じたりするようになりま

す。こうなってしまうと大変ですが、こうなってしま

っても改善していく余地は大いにあると言えます。

 

まずは、後頭部と第一頚椎を結ぶ筋肉のクセを変えて

いくことが重要です。さらに頭が前に飛び出るような

クセを変えていくことも必要になります。

 

                             

まとめ

                             

クセを変えていくことで後頭骨と側頭骨の傾きがなく

なります。そうすると上顎と下顎の位置関係が良くな

り引っ掛かりがなくなることでカクカクもしなくなり

ますし、痛むということもなくなってくるでしょう。

 

もし、あなたが今の段階でマウスピースでなんとか変

えていこうと考えているのなら、根気よく長い時間を

かけて頑張ってください。

 

ただ、しっかりした方法で矯正し、その動き方を自分

のもの(馴染むまで訓練必要)にしていただくことで

余分な症状を招く必要もなくなります。

 

関連サイトはこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/index.html

 

 

 

                             

筋肉痛のような痛みが背中に出たら

                             

339790

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここのところ急激に冷えてきてインフルエンザにかか

って高熱が出てダウンしていました…という方が増え

てきている傾向です。そんな時に寝込んでいて、回復

していざ動こうとすると背中が痛い…そんなことがよ

くあります。

 

そういった場合、ほとんどの方が活動不足のために筋

肉が硬直してしまったような状況で痛みが出てきます。

 

そして、その硬さが体の回復とともに柔軟性が戻って

くれるといいのですが、なかなか勝手に柔らかくなっ

てはくれません。

 

                             

硬さが出るポイント

                             

背中が硬くなっていたい時に筋肉も硬くなるのですが

もう一つ硬くなってしまうポイントがあります。それ

は、背骨の関節と背骨と肋骨をつなぐ関節です。ここ

が硬くなっている人は、背中のマッサージを一生懸命

やったとしても、なかなかすっきりした感じが出てき

ません。

 

それではどうすればいいのか?

 

                             

このストレッチで安心

                             

20160128_130326

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この写真の体操ってラジオ体操などで出てくる皆さん

もよくご存知な方法です。ただ、少しアレンジしてい

ただきたいところがあります。倒し方を「1・2・3」

と、勢いをつけて倒すのではなく、倒したまま10秒

以上20秒未満ぐらいの間、維持して欲しいのです。

 

すると、体の側方の筋肉や(写真でいうと)右側の腹

筋、右側の背筋を同時に伸ばしつつ「肋骨と背骨の関

節=肋横(ろくおう)関節」の硬さをストレッチする

効果も期待できます。

 

意外にやってみるときつかったりするので、無理のな

いように、つっぱりを感じるところまで倒してみてく

ださい。方向は、真横を基本として少し斜め前や斜め

後ろなどにも交互に行ってみてください。

 

                             

まとめ

                             

上記のストレッチを行うことで、体幹の前屈や後屈で

背中を和らげようとする方法に対して、痛めるリスク

が格段に下がります。

 

柔軟性に自信がない人ほど、写真の方法の誰もが知る

ストレッチが効果的になります。

 

そして、インフルエンザで高熱を出して寝込んでいた

方にも非常に優しいストレッチになります。くれぐれ

も勢いをつけて強引に体を倒さないように注意して行

ってください。

 

参考サイトはこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/

 

 

 

焼山の接骨院


愛知県名古屋市天白区
お怪我の際はお気軽にお越しください