ヘッダー

違和感の記事

                              

猫背のストレッチって何をすればいいの?

                              

188510

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼山の接骨院を訪れる人の中でも多い悩みが「猫背って治るんです

か?」ということです。どういうことに気をつければいいのか!?と

いうこともよく聞かれます。ご自身で気をつけていただくことは、

ズバリ!「姿勢」です。「…でも、姿勢を気をつけようとしてもす

ぐに曲がっちゃうんです」というお答えがパターンのように帰って

きます。

 

                              

猫背にならないための工夫

                              

どうしても曲がってしまうという人にオススメしているストレッチ

があります。実は、答えは前の項目のイラストにあります。「えっ

!」と、思った人もいるかと思いますが、本当に猫背の人のストレ

ッチとして効果的なんです。イラストはラジオ体操っぽく描かれて

いますが、一つだけやってもらう時の違いがあります。それは、骨

盤に手を当てるまでは一緒ですが、その後に腕を振り上げて体を倒

す時に勢いをつけて何度もゆらす感じでやるのではなく、ゆっくり

と体の側面が伸びるのを意識して20秒間ほど筋肉を伸ばすように

止めていただきたいんです。それを両方3回ほど行ってください。

 

                              

横に倒すストレッチのメリット

                              

DSC_3157

 

 

 

 

 

 

 

 

背骨を前後に倒したり反ったりするストレッチの方法もありますし

有効だと思いますが、背骨の関節や椎間板にかかる圧力が上がりす

ぎて痛めやすいというデメリットがあります。その点、横に倒すス

トレッチの方法は関節や椎間板を痛めるリスクが減ります。そして

何度やっていただいても運動をやりすぎてオーバーワークで負傷す

るという心配もストレッチの場合はほぼありません(ただしキレイ

なフォームでやれていることが前提になります)。

 

                              

まとめ

                              

ストレッチをしっかりやりだすと、動きの範囲が増えて一時的に首

や背中、腰など背骨に関連した部分が違和感を感じる可能性があり

ます。柔軟性が体に馴染むと出てこなくなるので心配はないでしょ

う。ただ、柔軟体操だけでは、なかなか改善しないというあなたは

極度に体が硬いか、姿勢を保つ時に必要な筋力が落ちている可能性

があります。お気軽に焼山の接骨院にお問い合わせください。

 

姿勢を戻す時に必要な骨盤の傾きを矯正したい場合はこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/kotuban.html

                              

骨盤矯正とストレッチで気になる

バランスを改善!

                              

【生活】バランスボール(アップ)

 

 

 

 

 

 

 

骨盤矯正をすると骨盤の「歪み」や背骨の「ねじれ」がよくなる感

じは何となくわかる、という方は多いと思います。ただ、自分自身

で矯正が必要な状態ってなかなか判断できないですよね。そんな時

は以前のご自分の状態と比べて腰や股関節に痛みを感じていたり、

ウエストのくびれが少なくなっていたり、長時間良い姿勢で座って

いられなかったり…などなど、あなたが何らかの違和感を感じてい

るようでしたら骨盤矯正が必要な状態かもしれません。

 

                              

なぜ、骨盤は「歪む」の!?

                              

骨盤が「歪む」という表現は、骨の形も変わってしまうように捉え

られてしまいがちですが、骨の形自体はよっぽどの事がない限り変

わることはありません。では、ここで言う歪むというのはどういう

ことか説明しますね。もともと、骨盤は上から見ると輪っかの形に

なっています。真ん中の「仙骨」と両サイドの「寛骨(の中の腸骨

と連結)」からできています。その3つの骨の合わさっている部分

を仙腸関節と言います。

 

歪みと言われる部分は、仙腸関節のズレが出た状態のことをさして

います。そのズレは、生活の中で偏った使われ方、例えば背中を曲

げて座る、頬杖をついて座ったり寝転んだりなどがあります。その

崩れたバランスを補正しようとしてズレが生じてきます。

 

                              

歪むリスクは!?

                              

【腰痛】腰の痛みで家事ができない女性

 

 

 

 

 

 

 

歪みが出ている状態は、左右の寛骨が前後に倒れたり、開いたりと

色んな角度に動くのですが、悪い方向に動いてしまうと骨にくっつ

いている筋肉の距離が変わってしまいます。縮められたり引っ張ら

れたりして本来の筋肉の機能が上手く働かなくなります。上手く働

かないと、その部分に痛みや違和感が発生することがあります。そ

れをかばって動いていると、どんどん悪い方向へ変化してしまいま

す。

 

                              

​ストレッチは十人十色

                              

骨盤のズレや筋肉の伸び縮みはケースバイケースによって様々で、

趣味、職業、体型や外部の環境などの違いで硬くなる筋肉も変わ

てきます。そのために、これさえやっていれば安心という方法は、

残念ながら存在しません。ただ、あなたの状況に合う方法はいくら

でもあります。それを見つけるためには、あなたのからだの状態を

​しっかりと検査していく必要があります。ここで言う検査は関節の

動く範囲や、それを狭めている要因などを観て、根本原因を探る検

査のことをさしています。

 

                              

まとめ

                              

もし、あなたが骨盤のバランスに違和感を感じているのなら自己判

断で、あなたのケースにあっていないストレッチをやってしまい痛

める前に、お気軽に焼山の接骨院にお問い合わせください。下手に

テレビや雑誌で観た方法を真似して、かえって痛みを強くする場合

があります。痛めてからだと改善までに長期間かかってしまうこと

があります。お早めの対応で症状悪化を未然に防ぎましょう。

 

参考サイトはこちら ↓↓↓

http://yakiyamanosekkotuin.com/index.html

みなさんこんにちは【名古屋市の骨盤矯正・全身バランス整体専門】

天白区『焼山の接骨院』の水谷です。

 

突然ですがあなたは正しい体操法で肩こりの予防はできていますか!?

 

「正しい」と言われてもどれが正しいのか解らない??

という方が多いかと思います。

 

今は、テレビや雑誌を見ても色んな情報が溢れているので

どれをやればいいのかも解らない状況ですよね。

 

では、当院で言う「正しくない」方法とはどういうものかを

お伝えしますね。

 

まず、一般的に多く広まっている首や肩をグルグルと首を回す

体操です。

 

【肩こり】首の横に違和感がある女性

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ、正しくないのかというと「結果が出ない!」からです。

結果が出ないというのは肩こりや肩の痛みが解消しないという

事を指しています。

 

健康情報番組を見るとお医者さんがグルグル回すように指導して

いたり、私も整形外科に勤務していた時も同じように指導して

いました。

 

硬いから回して伸ばすという方法は、一見理にかなっているよう

にも思われますが落とし穴があります。

 

まず、後頭部から胸の高さの背骨(胸椎)までの首の骨が

7つあります。その上下の骨と一つずつ関節を作っています。

 

その関節にも細かい筋肉が付いています。背骨の一つの骨を

椎骨(ついこつ)と言いますが横の横突起(横に出ている)

から一つ飛ばして上の(後ろに出ている)棘突起(きょくと

っき)にくっつく筋肉があります。

 

その部分で不具合があると関節の動きが制限されます。

制限されているままグルグルやってしまうと窮屈な動きになって

しまい関節に負担がかかります。

 

体は負担がかかると防御反応が働き、そこを守ろうとします。

 

その結果、動かす前より硬くなってしまいます。グルグルやって

いるうちはいいのですが、数時間から数日後に硬さや違和感を

感じるようになります。

 

なにもやっていないつもりなのに、硬さや違和感、痛みが出て

くるのでさらにグルグルやりたくなります。そして、また

硬くなる…

 

悪循環ですね。ちなみに今まで20年弱の臨床経験でみても

グルグル回して調子が良くなったという方を一度も見たことが

ありません。

 

むしろ調子が悪く来院された方に

「何かご自分で体操などをされていますか?」

と聞くと、結構な割合で

「首や肩をグルグル回しています」と言われます。

 

もし、それで良くなるなら当院には来院されていないはず…

 

ということで、首や肩をグルグル回す運動はおすすめできません。

 

焼山の接骨院では、もっと効果的で改善の実感ができる方法を

お伝えさせていただいています。困った時はご相談ください。

 

長文を最後までお読みいただきありがとうございました。

http://yakiyamanosekkotuin.com/katakori.html

 

P.S.

いよいよプロ野球が開幕しましたね。この時期は桜も咲いたり

入学式など節目の時期にも当たりますので気が引き締まり

ますね(^0^)

みなさんこんにちは【名古屋の骨盤矯正・姿勢改善専門接骨院】

天白区『焼山の接骨院』の水谷です。

 

腕や手の症状と骨盤がどう関係するの??

 

そんなお声が聞こえてきそうですが、けっこう関係します!

まず、腕や手に何らかの痛みや違和感が出ている時に

肩甲骨の位置が本来の位置に無い場合があります。

 

058652

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、その肩甲骨の位置に対して腕の骨(上腕骨)の

位置が変わってしまいます。

 

この位置が変わった時にあるクセがついてしまう事が

多い傾向にあります。その状態とは腕が内向きに

捻れてしまいます。

 

その内向きに捻れた状態で腕を使い続けると肩や肘の

関節の動きが窮屈になり、それを動かす筋肉にも

負担がかかるようになります。

 

その負担に反応した状態が「痛み」や「違和感」として

表面化してきます。

 

ところで骨盤矯正の関連は??ということですが

肩の位置が身体の前に持っていかれて腕が捻れる

のですが、そのカッコウをとらないといけない状況が

骨盤が後ろに倒れた状態になります。

 

骨盤が後ろに倒れて重心が後ろに片寄ってしまった状況を

戻そうと身体が反応した時に頭の位置を重心線より前に

持っていこうとします。

 

その動きに伴って肩甲骨がろっ骨の上をスライドして

身体の前に出てくるようになります。

 

そして、その動きに合わせて腕の骨が捻れる方向に

引っ張られるのです。

 

このため腕の症状に対して腕だけ一生懸命触っていても

変化をもたらす事が出来なかったりします。

 

あなたが根本的な解決を望むのでしたら、まずは骨盤の

位置を整えて腕の治療に取り組む事が必要になります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

P.S.

今度のサッカーワールドカップ・ギリシャ戦、

日本代表選手たち頑張ってほしいですね!

 

 

みなさんこんにちは【名古屋の美骨盤コンサルタント】天白区

『焼山の接骨院』の水谷です。

 

デスクワークや趣味、学校などで長時間イスに腰掛けていないといけない

状況があるかと思われますが、その時にお尻や腰、太ももにかけての

痛みや違和感に悩まされているという方が多くみえます。

 

その方たちのほとんどは、特別どこかにぶつけたり、転んだり

運動しすぎたり…という理由が解らずに症状が出ています。

 

そのために病院でレントゲンを撮ってもらおうと受診するも

「骨には異常がないから、大丈夫ですよ」と、言われて

そのままになっているケースもあります。

 

レントゲンは非常に優れた検査機器ですが、残念ながら筋肉の

異常までは解りません。

 

長時間、座っていて症状が出ている場合の多くは筋肉の状態に由来

していることが多いため、その部分にアプローチをしないと、良い結果も

得られないということになります。

 

もし、あなたが上記のような状態でお悩みでしたら早めの対処を

おススメします。

 

当院のオリジナル整体法『やきやま式メディカル整体』で

筋肉、骨、動きのクセにアプローチして骨盤周りの痛みや

違和感の解決をはかります。

 

『もう長年のクセだから…』と、半ばあきらめている方も

多いようですが、まだまだ大丈夫です(^^) 

あきらめる前に一度、状態を見せていただけると嬉しいです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

焼山の接骨院


愛知県名古屋市天白区
お怪我の際はお気軽にお越しください